教えて!先生!腰痛の専門医による安心アドバイス 監修:腰痛・ヘルニアの専門医療機関 あいちせぼね病院 理事長 伊藤不二夫

上殿皮神経障害

質問と回答

上殿皮神経障害とは?

上殿皮神経は背骨からお尻の皮膚へ向かって走る数ミリの細い神経で、その神経が筋肉の膜などに圧迫されたり、傷ついたりすることで腰からお尻にかけて痛みが生じるものです。腰を捻ったり、起き上がったり、歩いたりすると痛みが強くなることが多いようです。

MRIやレントゲン検査などの画像検査では異常が見られないことから、原因不明とされたり、椎間板ヘルニアなどの背骨の病気と間違えられることがあります。骨盤の上縁を圧迫することで強く痛みが出ることが特徴的ですが、確定診断をつけるのは難しいところです。

↑ このページのトップへ

上殿皮神経の治療はどんなことをするの?

投薬や装具療法(コルセット)、リハビリなどを行いますが、効果が見られない場合は上殿皮神経に対して局所麻酔薬を注射する「ブロック注射」を行います。症状がひどい場合やぶり返す場合などには手術を行うこともありますが、多くは局所麻酔・短時間で終了する比較的簡便な手術となっています。

↑ このページのトップへ

せぼねの電話相談

ヘルニアなど腰痛・しびれについてのお問い合わせ・診療予約

あいちせぼね病院
東京腰痛クリニック
あいちせぼね病院 TEL 0568-20-9100
東京腰痛クリニック TEL 03-5537-3885

監修

伊藤 不二夫

医療法人 全医会
あいちせぼね病院 理事長

日本整形外科学会専門医
医学博士
(名古屋大学 医学部卒・大学院修了)

伊藤 全哉

医療法人 全医会
あいちせぼね病院 院長

日本整形外科学会専門医
医学博士
日体協公認スポーツドクター
(名古屋大学 医学部卒・大学院修了)

三浦 恭志

医療法人 全医会
東京腰痛クリニック 院長

日本整形外科学会専門医
医学博士
(名古屋大学 医学部卒・大学院修了)

企画:河重 俊一郎
(あいちせぼね病院 理学療法士)

↑ PAGE TOP

腰痛の専門医による安心メルマガ(無料)腰痛の専門医による安心メルマガ(無料)