教えて!先生!腰痛の専門医による安心アドバイス 監修:腰痛・ヘルニアの専門医療機関 あいちせぼね病院 理事長 伊藤不二夫

仙腸関節障害・仙腸関節炎

質問と回答

仙腸関節とはなんですか?

骨盤は、中心に位置する仙骨(尾てい骨の上の骨)の左右を腸骨という骨が挟む形をしており、そのつなぎ目に当たる部分を「仙腸関節」と呼びます。仙腸関節は脚と身体をつなぐ重要な関節で、上半身の重さや地面から衝撃を受け止めるために、固い靭帯で幾重にも覆われています。

↑ このページのトップへ

骨盤が痛いです。仙腸関節障害という言葉を聞いたことがあるのですが、どんな病気ですか?

仙腸関節は前述の通り、骨盤に存在する関節です。上半身と脚のつなぎ目として衝撃を吸収するというその役割から、緩んでしまったり逆に固まってしまうなどの障害を起こすことが多いです。これを「仙腸関節障害」と言います。

過剰な負担によって炎症を起こして痛みを引き起こすこともあります。こちらは「仙腸関節炎」と言います。

↑ このページのトップへ

仙腸関節障害の原因はなんですか?

仙腸間節障害はその構造から、左右の脚を前後に開いたり腰を大きく捻るなど、骨盤に左右非対称の力が加わることで発症しやすいといえます。また、いつも鞄を同じ方に持つ、足を組んで座る癖があるなどの左右非対称な癖がある方も負担がかかりやすいかもしれません。

また女性は、出産に際して仙腸関節の周りにある靭帯が緩み産道を拡げますが、出産後も靭帯が緩んだままになってしまい、仙腸関節障害を引き起こすことがあるといわれています。

ぎっくり腰の原因の一つともいわれていますが、ハッキリとした原因や痛みとの因果関係は実はあまりわかっていません。

↑ このページのトップへ

仙腸関節障害ではどんな症状が出るの?

仙腸関節障害(仙腸関節炎)では、仙腸関節部分(骨盤の出っ張っているところ)の痛みが最も多くみられます。その他にも腰痛、お尻や鼠径部(足の付け根)、脚にまで痛みが出ることもあります。日常生活では、長く座っていることが辛かったり、痛い方を下にして寝られない、動き始めの痛みなどがよく聞かれる訴えです。

これらの症状は、腰椎椎間板ヘルニアなど背骨の病気と間違えられやすく、なかなか適切な治療がなされないこともあります。

↑ このページのトップへ

仙腸関節障害はどんな検査でわかるの?

一般的にはまず、仙腸関節を捻ったり圧迫して症状をチェックする整形外科的検査が行われます。また、仙腸関節に痛み止めを注射し(ブロック注射)、症状が改善するかを見たりすることもあります。仙腸関節障害では、骨盤の左右どちらかを指一本で指せることが多く(ワンフィンガーサイン)、これも一つの手がかりになります。

仙腸関節障害はレントゲンやMRIなどの画像検査でははっきりとした異常が見つからないことも多く、ただの腰痛とされてしまったり、診断に難渋することも間々あります。

↑ このページのトップへ

仙腸関節障害の治療ではどんなことをするの?

まずは安静、痛み止めの服薬、骨盤ベルトやコルセットといった治療が選択されることが多いです。リハビリとして周囲の関節のストレッチを行ったり、仙腸関節の安定性を高める筋肉のトレーニングを行うこともあります。

これらの治療で改善しない場合には、点滴や仙腸関節に局所麻酔剤を注射する仙腸関節ブロックなどを行います。非常に稀ですが、これらの治療を行っても強い症状のために日常生活に支障をきたす場合などには、仙腸関節をボルトで固定する手術などが検討されることもあります。

↑ このページのトップへ

せぼねの電話相談

ヘルニアなど腰痛・しびれについてのお問い合わせ・診療予約

あいちせぼね病院
東京腰痛クリニック
あいちせぼね病院 TEL 0568-20-9100
東京腰痛クリニック TEL 03-5537-3885

監修

伊藤 不二夫

医療法人 全医会
あいちせぼね病院 理事長

日本整形外科学会専門医
医学博士
(名古屋大学 医学部卒・大学院修了)

伊藤 全哉

医療法人 全医会
あいちせぼね病院 院長

日本整形外科学会専門医
医学博士
日体協公認スポーツドクター
(名古屋大学 医学部卒・大学院修了)

三浦 恭志

医療法人 全医会
東京腰痛クリニック 院長

日本整形外科学会専門医
医学博士
(名古屋大学 医学部卒・大学院修了)

企画:河重 俊一郎
(あいちせぼね病院 理学療法士)

↑ PAGE TOP

腰痛の専門医による安心メルマガ(無料)腰痛の専門医による安心メルマガ(無料)