当グループについて

  1. トップ
  2. 当グループについて
  3. 最小侵襲脊椎手術とは

最小侵襲脊椎手術とは

当院の手術の特徴である最小侵襲脊椎手術(MISS)とは『できるだけちいさな傷で行う背骨の手術』を指します。従来の手術のように大きな切開をすることなく、骨や筋、靭帯等の切除を最小限にとどめることで、お体への負担を少なくするための手術法です。
(MISS=Minimally Invasive Spine Surgery:海外では1997年以来の歴史を持ちます。)

メリット

大きな切開を必要とする手術に比べ、入院が短期間(最短1泊~)で済み、早期に生活に復帰することができることから、入院や術後の安静による筋力や体力の低下を最小限に抑えることができます。

切開は3mmから大きくとも1㎝程度(一部位の手術の場合)で多くは局所麻酔で行うことが可能です。出血量も数cc~と非常に少なく済むことから、手術のリスクを心配される高齢者や持病をお持ちの方にも比較的安心して受けて

PELD:6mmの小切開でヘルニアを摘出。局所麻酔で行い手術時間は30分~1時間程度です。

手術後の傷はカットバンを貼り、翌日退院です。抜糸も必要ありません。

特徴

医師は、術前に行われるMRIやCT検査等から、綿密にシミュレーションを行い手術に臨みます。手術は内視鏡ハイビジョンモニター・レントゲン透視・レーザー・ラジオ波といった機器を使用して行われます。

当院で行われる手術

当院では椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎圧迫骨折、頚椎症など多くの脊椎疾患に対してMISSを行っています。

手術一覧はこちら

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP

PAGE TOP