手術・治療のご案内

  1. トップ
  2. 手術・治療のご案内
  3. 脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症

中高年男性に多い脊柱管狭窄症は、神経をおさめている脊柱管の内面が、前からは椎間板・椎体後縁骨棘の突出、後ろからは黄色靭帯の肥厚、横からは椎間関節の棘で狭くなった状態を指します。
椎間板ヘルニアのなれの果ての状態と言えます。

また脊椎すべり症(上下の背骨がずれ)で、脊柱管が狭くなった場合にもありえます。
神経および神経周辺の血管も圧迫されるため、脊柱管内で上下の自由移動ができず、数百m、数十m歩くと痛みやしびれで立ち止まり、休憩しなければ次の歩が進まない間歇跛行(かんけつはこう)が生じてきます。しゃがんだり、前屈すると血管や神経の首絞め状態が開放されるため、再びしばし動けるようになります。

初期から中軽度の場合は、脊柱管内に仙骨ブロック等を定期的に行い、神経周辺を滑りやすくしてやると、歩行距離が延び坐骨神経痛も緩和してきます。
繰り返しのブロック注射でも痛みが治まらない場合は、経皮的内視鏡下脊柱管拡大術(PEL)もしくは内視鏡下脊柱管拡大術(MEL)が必要となってきます。

64マルチスライスCTより正常椎間孔L3/4を示す。1分寝ているだけでこうした状況が映像として見ることができます。

椎間孔狭窄がL4/5にあり、L4椎体後縁骨棘により神経が圧迫される。

正常で広い脊柱管の中で神経は自由に動くことができる

脊柱管狭窄のため、神経は強く圧迫され自由に動くことができない。椎間板の突出(前方)・椎間関節肥大変形(側方)・黄靭帯肥厚変性(後方~後側方)が見られます。

脊柱管狭窄症の本態は、椎間孔と脊柱管の狭窄によります。椎間板膨隆・椎間関節肥大化・黄靭帯肥厚は脊柱の伸展(そり)で増強し、屈曲(かがみ)で軽減します。

脊柱管狭窄症の症状

立位や歩行により坐骨神経痛やしびれが増強

座ったり、しゃがんだりすると楽になる

カート等で前傾すれば歩くのが楽である

立位で背骨を伸ばすと、脊柱管が狭くなり神経を圧迫します。
前方では椎間板の膨隆が増大し、側面では椎間孔が狭小化し、後方~後側方では黄靭帯が弛緩増大化することによります

前傾や座位姿勢で、脊柱管は広くなり、神経の圧迫がとれてきます。
前方の椎間板線維輪が緊張し、側面では椎間孔が拡大し、後方・後側方では黄靭帯が伸張されることで神経の圧迫が解除されるからです

椎間板の突出(前方)・椎間関節肥大変形(側方)・黄靭帯肥厚変性(後方~後側方)で脊柱管が狭くなることで、全周から神経が圧迫されます

脊柱管狭窄症の原因と予防

脊柱管狭窄症の症状は主に、加齢によって靭帯や椎間板などが変性したり、脊椎すべり症などによって脊柱管が狭くなってしまうことで起こります。靭帯や椎間板、骨の変性(劣化)は悪い姿勢や重いものを持つ仕事、激しいスポーツなど様々なことが原因になり得ると推測されていますが、直接の関連ははっきりとはわかっていません。遺伝的に背骨の変性が起こりやすい体質や生まれつき脊柱管が狭い場合などもあるようです。

それらのことから「○○に気を付けていれば脊柱管狭窄症が予防できる」というのもハッキリとは言えないのが現状です。

脊柱管狭窄症の検査

脊柱管狭窄症の診断はレントゲンだけでは難しく、MRIやCTなどの検査が必要となります。MRIは神経や椎間板などの柔らかく水分を含んだ組織を詳細に写し出し、CTでは骨が飛び出すことによる狭窄などを確かめることができます。

確定診断のために、神経根ブロック(神経のそばまで針を進めて行うブロック注射)や造影検査(造影剤を注射する検査)などの検査を追加して行うこともあります。脊柱管狭窄症は画像の結果と症状が一致しないことも多く、注意して診断を行う必要があります。

また、閉塞性動脈硬化症などと言った血管の病気によって脊柱管狭窄症に似た症状が出現することもあるため、その鑑別のために血管の検査を行うこともあります。

脊柱管狭窄症の治療

画像検査の結果や症状の強さによって異なりますが、まずは保存療法(手術以外の治療)を行います。痛み止めや血液の循環を良くする薬、ブロック注射、リハビリなどによって症状の緩和を図ります。

保存療法で効果が見られない場合や、症状が強く生活に大きな支障が出ている場合、足が動きにくかったり尿が出にくかったりなどの症状がある場合には手術療法を選択します。

体位変化にともなう脊柱管狭窄度の上昇

脊柱管内の圧力(Takahashi K,1995)
脊柱管内の圧力(Takahashi K,1995)

脊柱管狭窄症は体を真っ直ぐにしたり、反らしたりすることで、脊柱管内の圧力等が変化し症状が出現・悪化します。

真っ直ぐに立っていたり、歩いていると症状が出現し、カートにつかまって前傾したり、かがんで休むと楽になるのはそのためです。

症状にあった治療法を選択するために、脊椎専門ノウハウの結集である脊椎ドック(脊椎精密検査)をお勧めしております。

脊椎ドック(脊椎精密検査)のお勧め理由

  1. MRI・CT・レントゲンを同日撮影。すぐに脊椎専門医から結果説明を受けられる。
  2. 保険診療では数週間かかることが、半日で終了。
  3. 症状の原因を詳しく調べ、それによって適切な治療法を知ることができる。
  4. 大学病院教授陣で構成する「脊椎脊髄ドック協会」の推奨する検査法。

脊椎ドックの詳細はこちら

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP

PAGE TOP