手術・治療のご案内

  1. トップ
  2. 手術・治療のご案内
  3. 保存療法(手術以外の治療)

保存療法(手術以外の治療)

緊急性がない場合や、手術をするほどではない場合、手術が適応とならない症状等に対しては保存療法(手術以外の治療)を第一選択として治療を行います。

内服治療

腰痛をはじめ、痛みに対する薬には多くの種類があります。

炎症を抑える薬、神経の痛みを抑える薬、血管を拡張させて血流を改善する薬、過剰に緊張した筋肉を弛緩させる薬、麻薬に近い構造を持った薬など、それぞれ効果のメカニズムが異なるため、患者様の症状に合わせて使用します。

ブロック注射

ブロック注射は、局所麻酔薬を注射して痛みを抑える治療法です。

痛みの信号をブロックすることからそのように呼ばれており、仙骨部(骨盤の骨)などから注射を行う「硬膜外ブロック」、筋肉に注射を行う「トリガーポイントブロック」、レントゲンを使って針の位置を確認しながら背骨の神経に注射を行う「神経根ブロック」、喉の近くにある神経に注射をして交感神経(自律神経)の働きを抑える「星状神経節ブロック」など、多くの種類があります。

一回の注射で劇的に効果が現れることもありますが、リハビリや内服などと組み合わせて複数回行うのが一般的です。

リハビリテーション

筋肉や関節に由来する痛み、筋力や柔軟性の低下、動きにくさや歩行困難などに対して、運動療法(筋力訓練やストレッチなど)や物理療法(温熱治療や電気療法など)を行います。

詳しくはこちらをご覧ください

リハビリテーション

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP

PAGE TOP