手術・治療のご案内

  1. トップ
  2. 手術・治療のご案内
  3. 脊柱管狭窄症とは
  4. 手術について:PE-LIF

PE-LIF | 脊柱管狭窄症の手術

軽・中・重PE-LIF:経皮的内視鏡下腰椎椎体間固定術

腰椎変性すべり症、分離すべり症、椎間板破壊性腰痛、脊椎不安定性脊柱管狭窄症等々で重度変性や腰下肢痛のひどい場合には、あいちせぼね病院が開発したoriginalな低侵襲固定術がなされます。

特徴

  • 7.5mmのヘルニアPELD用内視鏡を用いた超低侵襲の手術法です
  • 1cm切開が4箇所と5mm切開1個のため術後疼痛が軽く翌日から自由歩行できます
  • 脊柱管を開かないため、神経・硬膜等を触れることがなく、合併症が少なくなります
  • 骨・筋の切除はほとんどなく、細い管を挿入(刺す)して行う新手術法です
  • 5mm切開により骨盤海綿骨を採取し、充分量骨移植できるため、骨癒合率が高くなります

手術手順動画

症例(腰椎変性すべり症+脊柱管狭窄症)

腰椎変性すべり症+脊柱管狭窄症

a:第4・5腰椎のすべり症(ズレ)がきれいに治っています。
b:折れ曲がった脊柱管が真っ直ぐになっています。
c:潰れてしまった硬膜(神経)の圧迫が取れ丸く太くなっています。

手術のリスク・副作用等について

脊椎の手術では主に以下のリスクがあります。

主なリスク

  • 術部の菌付着による感染
    糖尿病ではHbA1cが7.0%以上では感染リスクが高いので手術は行えません。
  • 骨癒合不全:ごく稀に椎体間の骨癒合が不十分な場合もありえます
  • 骨粗鬆症の強い場合には椎体骨折・スクリュー抜去等の可能性があります
  • 運動量が多い方では隣接椎体間障害(近接の椎間板)の可能性があります

当院ではこれらの可能性を少しでも低減するべく、リスク管理の徹底、治療機器の開発、診断機器の導入、技術の研鑽を行っております。手術に関するリスクについても詳細に説明いたしますので、ご心配事は当院医師にご相談ください。

PE-LIF手術の金額について

保険医療が適応されます

高額療養費制度(限度額適用認定証)による(限度額を超えた分が払い戻される制度)を利用します。
2週間入院でほぼ40万円程度をご用意ください。

PE-LIFをご希望の方

入院案内をご確認いただき、以下までお問い合わせください。

入院案内ページはこちら

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP

PAGE TOP