手術・治療のご案内

  1. トップ
  2. 手術・治療のご案内
  3. 椎間板ヘルニア
  4. 手術について:MED

MED | 椎間板ヘルニアの手術

軽・中・重MED:内視鏡下椎間板摘出術

MED法は、椎間板ヘルニアでも中~重度に適応される術式で、全身麻酔下によって行われます。背部に16㎜の操作管を挿入し、内視鏡にて突出したヘルニア部分を確認して切除する方法です。

適応となる方

  • 小さく骨の切除が必要な場合や、垂れ下がっているなどの広い範囲のヘルニア

メリット

  • PELD手術等に比べ、重度のヘルニアに対応が可能

当院独自の手術機器

全医会グループでは、より安全・より小さな負担で手術を行うために、独自に開発した手術機器を用いています。

中村式ピストルノミ

中村式ピストルノミ

伊藤式弯曲ノミ

伊藤式弯曲ノミ

伊藤式スーパーケリソン

伊藤式スーパーケリソン

独自の弯曲等により、従来のものに比べ小さな術野の中でも有効な操作が可能です。

柴山式10mm外套

柴山式10mm外套

中村式長方形外套

中村式長方形外套

従来のものに比べ、小さい傷での手術が可能です。

柴山式洗浄システム

柴山式洗浄システム

明瞭な視野の確保により安全な手術操作が可能です。
上記機器については国内メーカーにて製作を行っています。

手術のリスク・副作用等について

脊椎の手術では主に以下のリスクがあります。

主なリスク

  • 術部への菌付着による感染
  • 神経損傷
  • 術後血腫(術後の出血が神経を圧迫する)
  • 血栓症など

当院ではこれらの可能性を少しでも低減するべく、リスク管理の徹底、治療機器の開発、診断機器の導入、技術の研鑽を行っております。手術に関するリスクについても詳細に説明いたしますので、ご心配事は当院医師にご相談ください。

MED手術の金額について

自費診療の場合(一部保険適応)

2泊3日・140万円(税別)
金額は診療内容や入院日数等により増減致します。詳細はお問い合わせください。

保険診療と自費診療の違いはこちらから

MEDをご希望の方

入院案内をご確認いただき、以下までお問い合わせください。

入院案内ページはこちら

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP

PAGE TOP