当グループについて

  1. トップ
  2. 当グループについて
  3. 概要

医療法人 全医会グループ概要

全医会グループの5つの特徴

1.17,323件(13年間)の脊椎手術実績

全医会グループは、せぼね(脊椎)治療において、17,323件(13年間)の手術実績がある“せぼね(脊椎)専門の医師集団”です。 全国より患者様にお越しいただいております。

全国ランキング表はこちら 年度別手術件数はこちら

2. 身体 からだ の負担が少ない手術

数ミリから十数ミリの小さな切開で行うものを主としています。骨・筋肉・靭帯の切除を最小限にとどめ、神経・血管への接触をできる限り抑えます。
学術的には、「最小侵襲脊椎手術(Minimally Invasive Spine Surgery)」と呼ばれている手術法ですが、全医会グループは、この分野について臨床・学術ともに鋭意取り組んでおります。

最小侵襲脊椎手術とは

3.最短1泊での手術

身体 からだ のご負担が少ないことから、入院期間が非常に短く(最短で1泊)、回復が早いため、普段のご生活やお仕事に早くお戻りになることができます。入院や安静期間が短いことから、体力や筋力の低減を抑えることができ、特に高齢者の方にとっては重要なメリットであります。

4.早期手術が可能

全医会グループは、計6室のオペ室を有しており、手術までの日数が1~2週間以内と短期です(※)。痛みが続くと、手術までの日数がとても長く感じられるものです。患者様の痛みをいち早く取り除くため、早期治療を目指しております。

※注 混雑状況により手術までにお時間をいただく場合がございます。お電話にてご確認ください。

5.脊椎専門医が丁寧にご説明

脊椎(せぼね)と神経の状況と症状の原因を詳しく調べて、脊椎専門医が適切な治療法を提案いたします。

脊椎ドック(脊椎精密検査)

全医会グループの対象疾患と最小侵襲手術法

全医会グループは、脊椎専門医療機関として手術法が豊富に有り、患者様の病状に適した術式を選択することが可能です。 全医会グループが行う手術は、以下のページでご紹介しています。

全医会グループの対象疾患と最小侵襲手術法

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP

PAGE TOP