教えて!先生!腰痛の専門医による安心アドバイス 監修:神経内科学、整形外科学、リハビリテーション学、ペインクリニック、東洋医学等を治療に取り入れた腰痛・ヘルニアの専門医療機関

腰椎椎間板ヘルニア

質問と回答

腰椎椎間板ヘルニアとはどんな病気ですか?

まずヘルニアについて説明しましょう。ヘルニアとは、体内のある臓器が本来あるべき位置から脱出してしまった状態を指します。有名なところでは、臍ヘルニア〈でべそ〉、鼠径ヘルニア〈脱腸)があります。これが背骨のクッションである椎間板におこったものを椎間板ヘルニアと呼びます。椎間板の中に存在する髄核というゲル状の組織が、外に飛び出してしまった状態です。

これが腰の骨である腰椎の椎間板で起こったものを腰椎椎間板ヘルニアと呼びます。

腰椎椎間板ヘルニアの症状としては、腰痛をはじめ、下半身の痛みやシビレ、足が上手く動かせなくなる運動麻痺、感覚が鈍くなる感覚麻痺などが起こります。

↑ このページのトップへ

腰椎椎間板ヘルニアの原因はどういったものがありますか?

腰椎椎間板ヘルニアは、多くの場合日々の生活の中で椎間板への負担が積み重なり発症します。長時間の車の運転や中腰での作業、重いものを持つなど、腰に負担のかかりやすい生活を送っている人ほど腰椎疾患を発症しやすいと言えるでしょう。

特に男性の場合、職業ドライバーや金属・機械業就労者はホワイトカラーの就労者に比べ、約3倍腰椎椎間板ヘルニアになりやすいと言われています。

ただ、そういった腰に負担のかかることをしない方でも椎間板ヘルニアを発症する人は存在します。また、 喫煙・遺伝なども腰椎椎間板ヘルニアの発症に影響があると言われています。

↑ このページのトップへ

腰椎椎間板ヘルニアと言われました。何もせず安静にして寝ていた方がいいですか?

発症から間もない急性期には自分の痛みの程度に応じて活動を加減することが望ましいですが、「安静」は痛みの結果としての安静であって、治療手段としての安静ではありません。強い症状が治まり次第、なるべく早く通常の生活に戻ることが良い結果になることがわかっています。

ただし、ヘルニアの程度や症状によっては早期に手術を要する必要もあり、安易な自己診断は禁物です。専門医に相談することをおすすめします。

ヘルニアは比較的予後のよい病気で、重度であっても様々な治療法がありますのでご安心ください。

↑ このページのトップへ

腰椎椎間板ヘルニアが発症しやすい年齢や部位はありますか?

前述の通り、腰椎椎間板ヘルニアは腰への負担の積み重ねによって発症するため、活動性の高い20代から40代、次いで10代と50代の男性に多く見られます。

腰椎は第1から第5まで5つが存在しますが腰椎椎間板ヘルニアの大部分は、構造上負担のかかりやすい第4腰椎と第5腰椎の間、また第5腰椎と仙骨の間で起こります。同時に2ヵ所以上に発生するヘルニアもありますが、複数のヘルニアが同時に症状を起こしていることは少なく、適切な治療のためには症状を引き起こしている部位を特定することが重要です。

MRIをはじめとした精密な画像検査に加え、経験豊富な医師の診断が必要です。

↑ このページのトップへ

腰椎椎間板ヘルニアを調べる検査にはどういったものがありますか?

腰椎椎間板ヘルニアを診断は、症状や発症機転などの入念な問診に始まり、筋力・感覚検査、各種神経の検査による診察所見が必要です。

一般に整形外科で多く行われているレントゲン検査だけでは確定診断は難しく、椎間板や神経を写し出すMRI検査が椎間板ヘルニアの診断に必須と言えます。

さらに必要に応じ、骨の状態が鮮明にわかるCT検査や、造影剤を利用した神経・椎間板造影検査などを行うことで、症状との整合性、他に考えられる病気はないか、鑑別すべき病気が隠れていないか等を調べます。

↑ このページのトップへ

腰椎椎間板ヘルニアの手術を勧められていますが、仕事の都合がありなかなか受けることができません。

近年では技術の発展により従来のヘルニア手術に比べ大幅に入院期間が短縮され。1~2週間程度の入院で手術が可能です。しかし、時世の変化もあってより早期の社会復帰を望む声が多く聞かれるようになり、ここ数年では日帰り~1泊で手術が行われることもあります。ただ、そういった手術は熟練した技術をもった医師と最新の機器が必要となるため、限られた施設でしか行われていないのが現状です。

当院ではこのような体に負担の少ない手術を積極的に行っておりますので、以下のページをご覧ください。

↑ このページのトップへ

ヘルニアなど腰痛・しびれについてのお問い合わせ・診療予約

あいちせぼね病院
東京腰痛うクリニック
あいちせぼね病院 TEL 0120-000-568
東京腰痛クリニック TEL 03-5537-3885

監修 伊藤 不二夫

医療法人 全医会
あいちせぼね病院 理事長

日本整形外科学会専門医
医学博士
(名古屋大学 医学部卒・大学院修了)

企画:河重 俊一郎
(あいちせぼね病院 理学療法士)

↑ PAGE TOP