教えて!先生!腰痛の専門医による安心アドバイス 監修:神経内科学、整形外科学、リハビリテーション学、ペインクリニック、東洋医学等を治療に取り入れた腰痛・ヘルニアの専門医療機関

首の痛み(頚部痛)

質問と回答

突然首が痛くなりました。何が原因ですか?

大きな原因としては、3つ程あります。

まずは筋肉痛が考えられます。運動や慣れない仕事をした後になった場合は一番考えやすい状態です。

二番目に、関節からの痛みがあります。いわゆる寝違えの多くは、首の骨(頚椎)の後ろの小さな椎間関節からの痛みが来ています。

三番目は腰と同じで、骨と骨の間にあるクッションの役目をする椎間板からくる首の痛みです。椎間板がひどく痛んで、飛び出し、神経を圧迫すると頚椎椎間板ヘルニアとなります。痛みがひどく長引くようであれば専門医の受診をお勧めします。

当院では、首の痛みの原因を探る脊椎ドック(脊椎精密検査)から、頚椎椎間板ヘルニアの手術まで、脊椎に関する専門的な治療を行っております。詳細は以下よりご確認ください。

↑ このページのトップへ

首の痛みで、どんな時に診察を受けるといいですか?

特に痛みが強かったり、長引く場合は医師による診察を受けてください。また、高い熱がある場合は特に注意が必要ですので、早めの診察をお勧めします。

痛み以外には、首から肩甲骨、肩、上肢がしびれたりする場合は首の神経が圧迫されている可能性があります。最悪の場合、放置すると力が入らなくなったりすることもあります。頚椎椎間板ヘルニアや骨などの組織が神経を圧迫していることが考えられますので、専門医の診察を受けるとよいでしょう。

↑ このページのトップへ

首に強い痛みと熱があります。どんな病気が考えられますか?

首の痛みとともに、高い熱が出るときは椎間板や組織が細菌感染を起こしている場合があり、一刻も早く専門医による治療が必要です。治療が遅れると、手足が麻痺したり、最悪の場合、命にかかわることもあります。

また、Crown Dens syndromeという名前で呼ばれる病気もあります。これは上位頚椎の関節にピロリン酸カルシウムという物質が出てきて、痛風発作のようになります。基本的には良性の疾患ですが、強烈な痛みが特徴です。

↑ このページのトップへ

首が痛い時はどうしたらよいですか?

まずは、姿勢や生活における注意が大切です。痛くなるような姿勢や恰好は避けてください。重い物を持ったり、肩にかばんをかけるのも止めましょう。力んだり、運動をすると痛みが悪化しやすいので、湿布があれば使ってみてください。

ゆっくりと首を伸ばすストレッチが良い場合もあります。ただし、素人判断は危険ですので、痛みが強かったり、長引く場合は専門医の診察を受けることをお勧めします。

↑ このページのトップへ

ヘルニアなど腰痛・しびれについてのお問い合わせ・診療予約

伊藤整形内科 あいち腰痛オペクリニック
東京腰痛うクリニック
あいち腰痛オペクリニック TEL 0120-000-568
東京腰痛クリニック TEL 03-5537-3885

監修 伊藤 不二夫

医療法人 全医会 伊藤整形・内科 あいち腰痛オペクリニック 理事長兼院長

藤田保健衛生大学 脳神経外科学講座 脊椎外科 客員教授

↑ PAGE TOP