教えて!先生!腰痛の専門医による安心アドバイス 監修:神経内科学、整形外科学、リハビリテーション学、ペインクリニック、東洋医学等を治療に取り入れた腰痛・ヘルニアの専門医療機関

側弯症(そくわんしょう) new

質問と回答

側弯症とは?

背骨は本来、正面から見て真っ直ぐなのが正常です。これが側方(左右)に曲がってしまった状態の事を側弯症と言います。

側弯症は、特別な原因なく発症する特発性側彎、生まれつき背骨が曲がっている先天性側彎、他の病気に伴って起こる病原性(症候性)側彎に分けられ、思春期の特に女児に発症する思春期特発性側彎が最も多く見られます。一般的にはコブ角という彎曲の度合いの指標を用いて診断し、治療方針を決定します。オリンピックでの活躍が記憶に新しいウサイン・ボルト選手も側弯症であると言われています。

原因不明に発症する特発性側彎は、特に思春期の女児に多く見られます。無症状であることも多く、大人になってから側弯症に気が付くこともありますが、我が国では、小中学校の健康診断などで、お辞儀をして左右の肩や肋骨の高さの違いから背骨の彎曲を調べる「モアレテスト」という簡便な検査を取り入れることで早期発見に努めています。

側彎は成長に伴って進行することが多く、女性の場合、容姿の問題にもなるため早期発見・早期治療が重要で、側彎の専門医の適切な診断が必須と言えます。

↑ このページのトップへ

側弯症の治療について教えて。

側弯症は早期の治療が重要です。側彎症は、「コブ角」と言う彎曲の角度を指標に治療していきます。

軽度な側彎の場合は、定期的な検査で経過観察を行います。側弯症のお子様をお持ちのご両親から、リハビリなどで改善できないものかと相談を受ける事があります。筋肉の緊張を緩めたり、背骨の柔軟性を改善することで腰痛などが楽になることはありますが、残念ながら側彎自体を治療することは難しいと言われています。

↑ このページのトップへ

軽度~中程度の側弯症の治療について教えて。

軽度~中程度の側弯の場合や、進行の可能性が高い側弯症の患者様には、装具療法を選択します。

脇の下からお尻まで覆う大きなコルセットを用いて、側彎の進行を防ぐとともに、彎曲の矯正を行います。大きく、比較的硬いコルセットを用いるので窮屈な上、お風呂の時など以外は、ほぼ一日中装着していなければならないため、嫌がられる患者様も多く見られます。一般的には成長が完全に止まるまで継続して装具を装着します。治療効果は確かですが、完全に側彎を矯正することは難しいとされています。

↑ このページのトップへ

中程度~重度の側弯症の治療について教えて。

中程度~重度の側彎の場合は手術療法が検討されます。

重度の側彎では腰痛以外にも、神経が圧迫されることで下肢に症状が出現したり、内臓が圧迫され消化器や呼吸器障害などの異常が出現することもあります。症状や背骨の状態に応じて、変形した骨を削り、神経の圧迫を取り除く、「除圧術」や、自らの骨や金属を用いて背骨を矯正・固定する「固定術」という術式などが行われます。

側弯症の診断や適切な治療には専門的な知識が必要なため、背骨、特に側弯症を専門にしている医師の受診が大切です。

↑ このページのトップへ

背骨が曲がっていると言われました。

背骨が曲がってしまう病気に脊柱側彎症(せきちゅうそくわんしょう)という病気があります。

多くは女性、特に思春期頃に発症し、成長に伴い背骨が曲がっていくのですが、基本的に無症状のため気が付かないことも多く、大人になってから肩の高さの違いなどで初めて気が付くこともあります。

彎曲が強くなると、背中や腰の痛みを引き起こしたり、内臓が圧迫され、呼吸器や消化器などに異常をきたす事もあります。彎曲が比較的軽度の場合はコルセットなどの装具で矯正を行いますが、強度の彎曲になると外科手術による矯正が検討されます。

↑ このページのトップへ

ヘルニアなど腰痛・しびれについてのお問い合わせ・診療予約

あいちせぼね病院
東京腰痛うクリニック
あいちせぼね病院 TEL 0120-000-568
東京腰痛クリニック TEL 03-5537-3885

監修 伊藤 不二夫

医療法人 全医会
あいちせぼね病院 理事長

日本整形外科学会専門医
医学博士
(名古屋大学 医学部卒・大学院修了)

企画:河重 俊一郎
(あいちせぼね病院 理学療法士)

↑ PAGE TOP