ひざの手術・治療

  1. トップ
  2. ひざの手術・治療
  3. 膝の靱帯損傷とは

膝の靱帯損傷とは

靭帯とは

靭帯とは関節を支える重要な組織の一つで、各関節に多くの靭帯が存在しており、それぞれ特定の方向へ骨がズレるのを防ぐように配置されています。

膝関節には4つの靭帯が存在し、前後左右へのズレや、ねじれに対してストッパーの役割をしています。

膝関節の構造

膝の主な靱帯

前十字靱帯(ACL)

前十字靭帯は、下記の後十字靭帯と十字のかたちに交差して膝関節を支えています。
膝関節が捻られたときのストッパーとして働き、また、スネの骨(脛骨)が前方へズレるのを防いでいます。

後十字靱帯(PCL)

後十字靭帯は、前述の前十字靭帯と交差して膝関節を支えています。
前十字靭帯と同様に膝関節が捻られたときのストッパーとして働き、また、スネの骨(脛骨)が後方へズレるのを防いでいます。

内側側副靱帯損傷(MCL)

内側側副靱帯は膝の内側に位置する靭帯で、膝が内側へ動いてしまうことを防いでいます。

外側側副靱帯損傷(LCL)

外側側副靭帯は膝の外側に位置する靭帯で、膝が外側への動いてしまうことを防いでいます。

靱帯損傷とは?

スポーツや転倒などで大きな力が加わった際に、靭帯が部分的・もしくは完全に切れてしまうことを言います。

力の加わる方向によって損傷しやすい靭帯は異なりますが、中でも内側側副靭帯や前十字靭帯は損傷を受けやすいとされています。非常に強い力が加わった際などは、複数の靭帯を同時に損傷したり半月板損傷を併発することもあります。特にコンタクトスポーツなどで強く膝が捻られた際に起こる、前十字靭帯・内側側副靭帯・半月板(内側半月板)を同時に損傷する「不幸の3徴候」と呼ばれるケガなどは代表的な複合損傷として知られています。他にも、車の助手席で交通事故に遭った際にダッシュボードに膝を打ちつけて後十字靱帯の損傷を起こす「ダッシュボード損傷」なども有名です。

膝の靭帯損傷はスポーツ中の受傷が多く、特にブレーキをかける、急な方向転換、接触などで損傷を起こすことが知られています。受傷頻度の高いスポーツとしては、サッカーやラグビー、バスケットボールなどをはじめ、テニスやスキー、スノーボード、体操などでも多く見られます。

靱帯損傷をそのままにするとどうなる?

靱帯は膝の安定性を保つために非常に重要な役割を担っています。

損傷した靭帯は基本的に完全に元通りになることはありませんので、少なからず膝が不安定な状態が残存することになります。それによってケガをしやすくなったり、頻繁に膝折れなどが起こったり、スポーツ選手などでは本来のパフォーマンスを発揮できなくなったりする可能性があります。また、不安定な膝においては関節への負担が大きくなりますので、半月板が傷ついたり、関節の変形などが起こったりしやすくなると言われています。

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP

PAGE TOP