ひざの手術・治療

  1. トップ
  2. ひざの手術・治療
  3. 膝の靱帯損傷とは

膝の靱帯損傷とは

膝の靱帯損傷とは

人間の関節は靱帯と呼ばれるヒモ状の組織によって骨同士が繋がれており、ズレたり動きすぎてしまうことを防いでいます。そんな靭帯にスポーツでの激しい動きや転倒、事故などによって大きな負荷がかかり、部分的、もしくは完全に切れてしまうことを靭帯損傷、もしくは靭帯断裂(部分断裂)といいます。

膝関節の構造

膝の主な靱帯

膝関節には主に4つの靭帯が存在し、前後左右への動きや、ねじれに対してストッパーの役割をしています。

前十字靱帯(ACL)

前十字靭帯は、下記の後十字靭帯と十字のかたちに交差して膝関節を支えています。
膝関節が捻られたときのストッパーとして働き、また、スネの骨(脛骨)が前方へズレるのを防いでいます。

後十字靱帯(PCL)

後十字靭帯は、前述の前十字靭帯と交差して膝関節を支えています。
前十字靭帯と同様に膝関節が捻られたときのストッパーとして働き、また、スネの骨(脛骨)が後方へズレるのを防いでいます。

内側側副靱帯損傷(MCL)

内側側副靱帯は膝の内側に位置する靭帯で、内側へのズレを防いでいます。

外側側副靱帯損傷(LCL)

外側側副靭帯は膝の外側に位置する靭帯で、外側へのズレを防いでいます。

膝の靭帯損傷(靭帯断裂)

膝の靭帯損傷はスポーツ中の受傷が多く、特にブレーキをかける、急な方向転換、接触などで損傷を起こすことが知られています。

受傷頻度の高いスポーツとしては、サッカーやバスケットボール、テニスやスキー、スノーボード、体操といった、方向転換を繰り返したり膝が捻られることが多いスポーツのほか、ラグビーなどのコンタクトスポーツでも多く見られます。

膝関節の構造

力の加わる方向(膝がズレた方向)によって損傷される靱帯は異なりますが、前十字靱帯(ACL)や内側側副靭帯(MCL)は構造や特性上損傷を受けやすい組織として知られており、この2つが靭帯損傷の多くを占めます。

後十字靱帯(PCL)は、スポーツでの衝突、膝を地面に強く着いた時など、膝が曲がっているときに強い衝撃がかかった際に損傷しやすく、車の助手席で交通事故に遭った際にダッシュボードに膝を打ちつけて後十字靱帯の損傷を起こす「ダッシュボード損傷」なども有名です。

外側側副靱帯(LCL)は膝の内側から力がかかった際に損傷する靭帯で、比較的稀ですが、スポーツ中の接触や交通事故などで起こることがあります。

複数の靭帯を同時に損傷したり半月板損傷を併発したりすることもあり、特にコンタクトスポーツなどで強く膝が捻られた際に起こる、前十字靭帯・内側側副靭帯・半月板(内側半月板)を同時に損傷する「不幸の3徴候」と呼ばれるケガなどは代表的な複合損傷として知られています。

靱帯損傷の症状

靱帯は膝の安定性を保つために非常に重要な役割を担っています。

靱帯が切れた際、多くは激痛が走り容易に動くことができなくなります。実際の損傷シーンでは靭帯が切れる「ブツッ」という音を聞くこともあり、少し時間をおいて膝が腫れてきます。

数週間も経過すると腫れも引いてきて、痛みも落ち着いてきますが、前述の通り、靭帯は関節を安定させる役割を果たしていますので、動かせるようになるにしたがって膝の不安定感が現れてきます。この不安定性が問題で、自然に改善することはほとんどなく、関節がグラつくことによって損傷されていない靭帯や半月板、骨などへの負担が増してしまい、将来的な関節変形を引き起こしてしまうと言われています。

靱帯損傷の予後

先述の通り、ある程度腫れや痛みは落ち着いてきますが、靭帯が断裂することによって失われた安定性が改善することはほとんどありません。不安定な関節は、半月板や骨などにかかる負担が大きく、関節の変形を引き起こしやすくなるということがわかっています。関節の変形がひどくなると、人工関節などの手術が必要になることもあるため、膝の靱帯損傷は放置することなく、適切に治療することが大切です。

特にスポーツ選手などにおいては(損傷の程度にもよりますが)早期復帰や二次障害の予防、競技パフォーマンスの改善のためにも早期の手術が勧められることがあります。

膝の靭帯損傷に対する治療について

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP

PAGE TOP