手術・治療のご案内

  1. トップ
  2. 手術・治療のご案内
  3. 慢性難治性疼痛
  4. 手術について:Rhizotomy

Rhizotomy | 慢性難治性疼痛の手術

軽・中・重Rhizotomy:ラジオ波過敏知覚枝焼灼術

Rhizotomy(リゾトミー)は、痛みが過敏状態となった増殖知覚神経枝をラジオ波熱で焼灼し、過敏状態を治す手術です。

椎間関節は背骨が動くための重要な蝶つがいの役割を果たしています。無理や過労・年齢に伴い変形が生じてきますと、労働後や起床時の体が固い時に、痛みを感じてきます。
椎間関節の変形は疼痛知覚神経を増殖させるため、痛みが過敏状態となってきます。ラジオ波はこの増殖知覚神経枝を熱で焼灼し、過敏状態を治す効能があります。

変形した椎間関節に入り込む疼痛知覚神経をレントゲン透視下で確認しながら、数分ラジオ波を照射します。数カ所の変形がある場合でも同時に行う事ができます。

局所麻酔下に20~30分程度で終了する日帰り手術となります。僅か2mm程の切開が1~4カ所で済みます。

正常な椎間関節では腰痛が起きにくいです。

変形した椎間関節では腰痛が生じやすいです。

変形した椎間関節にラジオ波を照射し、増殖した過敏神経を焼灼します。腰痛が軽減することが多いです。局所麻酔下に日帰りで行います。

メリット

  • 局所麻酔下に20~30分程度で終了する日帰り手術です。

Rhizotomyをご希望の方

以下までお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP

PAGE TOP