手術・治療のご案内

  1. トップ
  2. 手術・治療のご案内
  3. 頚椎椎間板ヘルニア
  4. 手術について:PECD

PECD | 頚椎椎間板ヘルニアの手術

軽・中・重PECD:経皮的内視鏡下頚椎椎間板摘出術・前方アプローチ

頚椎椎間板ヘルニアに対しても一泊手術(全身麻酔)を平成19年9月より開始致しました。大きなヘルニアで、痛みが強いが骨棘が顕著でない場合に適応です。

3.5mm内視鏡下に2mm小鉗子で直接ヘルニアを摘出します。レーザー光線で髄核凹凸を凝縮固定化させます。

全身麻酔を基本とし、当日入院・手術、翌日退院です。手術当日歩行開始、翌日ヘルニア摘出後のMRIを確認し、頸椎ソフトカラー着用で退院です。

首・肩・腕での痛みやしびれが軽減され軽減され90%の成績です。10%以下ですが、しびれが残る時もあります。

当クリニックは日本で唯一の経皮的頚椎椎間板ヘルニア摘出術が可能な専門医療機関です。

小サイズのヘルニアには、経皮的レーザー椎間板減圧術(PLDD)が適応です。PLDDは日帰り手術です。

経皮的内視鏡頚椎椎間板ヘルニア摘出術(PECD) の概略図

頚椎椎間板ヘルニアによる神経圧迫。上肢への放散痛が生じる。手がしびれる、握力が低下する等が生じる
4mm操作管を椎間板内に挿入し、2mm小鉗子にてヘルニア塊を摘出。上肢への放散痛が消失する
レーザーで凹凸を凝縮平坦化

適応となる方

  • 大きなヘルニアで痛みが強いが、骨棘が顕著でない場合

メリット

  • 4mm操作管による世界最小・最短の手術です。
  • 神経への接触がなく、術後癒着がありません。
  • 傷口は4mmであり、カットバンのみで抜糸や消毒ガーゼ交換不要です。

手術の流れ

首前方より頸椎椎間板に針を刺入します

ヘルニア突出部に4mm操作管をもっていきます。

3.5mm内視鏡内に小鉗子を挿入、モニターで拡大します。

2mm小鉗子でヘルニアを摘出し、凹凸は熱凝固します。

手術前

大きなヘルニアがC5/6に存在します。

手術後

ヘルニアは見事に摘出されている

術式の紹介

頸椎前方刺入法 anteriorアプローチ

頸椎椎間板ヘルニアは、上はC3/C4から下はC7/T1(首の太短い方はC6/C7)までです。 レーザーの針は椎体後方の椎間板突出部にもっていかれ、直接ヘルニア部分を凝固収縮するようにします。熱量は患者さんが熱さや痛みを感じない程度です。 状況や反応を絶えずチェックしながら行ないますので、安全と言えます。

PECDをご希望の方

入院案内をご確認いただき、以下までお問い合わせください。

入院案内ページはこちら

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP

PAGE TOP