骨セメント注入法の危険性とあいち腰痛オペクリニックの安全な新手術法 -ヘルニア、脊椎圧迫骨折の治療・手術の専門機関-

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の治療・手術はあいち腰痛オペクリニック

他の手術法との相違点

脊椎圧迫骨折

【安全性1】漏れのないメッシュ袋構造

メッシュ袋の中に人工骨(ハイドロキシアパタイト)を充填します。リン酸カルシウム(Ca40%・リン20%)が主成分であり、セラミックと似て多孔性のため骨細胞との融合性に富んでいます。

ハイドロキシアパタイト(HA)は、歯エナメル質の 95%をしめますが、硬度・歪み率が海綿骨程度で硬過ぎないため、脆弱な骨粗しょう症の骨にも衝撃力を与えません。

袋からにじみ出た人工骨は骨折空間を充填し、HAの多孔性も骨との絡みを一層促進します。重合時発生熱は58℃以下であり骨に熱障害を起こしません。また骨成長元素である天然ストロンチウムのブレンドは新たな骨増殖を促進します。

従来型セメント注入法の問題点(危険)

現在一部で行なわれ始めたセメント注入法はアクリル樹脂を使用しますが、つぶれた骨を復元しようと量を多く注入すると骨外に漏れる危険性があります。脊髄腔へ漏れると脊髄障害を起こし、下半身麻痺を生ずる事も少なくありません。また血管内に漏れると肺塞栓を起こし致命的となります。(Dr.Bambangよりの提供写真)

安全性2】自然で理想的な人工骨セメントを使用

天然ストロンチウム(Sr)ハイドロキシアパタイトHAを基調とした人工骨を使用します。

天然ストロンチウム(Sr)は珊瑚・歯・人骨に存在し、原子量88(一部86・87・84)の放射線を発しない骨成長促進元素です。Srイオンの直径はカルシウムイオンの直径より少し大きく、入れ替わりやすいのが特徴です。この結果、細胞結晶化率が高くなります。骨粗鬆症や骨発育促進として薬物・サプリメントとして服用するもので、放射性人工ストロンチウム89・90とは全く別次元の安全なものです。カルシウム・バリウムとともにアルカリ土類金属としてよく似た構造を持ち、レントゲン透視でよく見る事ができます。

ハイドロキシアパタイト(HA)は歯のエナメル質の95%をしめ、骨内にも存在します。
HAは人工歯根・歯エナメル質修復材としても利用されている自然の材料であり、生体適合性がよいです。硬度も骨とほぼ同様で、ペースト状から固形に硬くなる際の重合熱も低いので骨壊死をおこすこともありません。

*安全な天然ストロンチウムと危険な人工ストロンチウム:
ストロンチウム90(Sr90)はチェルノブイリ原子力発電事故で問題となった放射性物質で、骨や骨髄を破壊する大変危険な人工元素です。
ストロンチウム89(Sr89)はβ線放射を利用して骨転移癌の癌性疼痛緩和に用いられますが、白血球減少等の副作用もあり放射線科専門医の管理下で扱われます。一方、天然ストロンチウムは歯・骨内に存在する全く自然の安全なものです。

従来型セメント注入手術の材質の問題点(危険)

従来型セメント注入手術では、PMMA(ポリメチルメタアクリレート:アクリル樹脂)を使用しますが、本来はチタン人工関節と骨とを接着する骨セメントとして利用され、ハードコンタクトレンズにも利用される硬質プラスチックです。圧迫骨折の骨形成術にも利用され始めたが、ペースト注入後の発生熱が90~120℃となり、骨細胞壊死を引き起こしたり、発生ガスが血圧を下げたり不整脈を誘発する等の心臓毒が問題となっています。

PMMAは硬質プラスチックであり、骨細胞とは異質のため、接触面の骨細胞が萎縮をおこしclear zoneが形成されてきます。二つの物質が噛み合ない透明帯ができ、ゆるみの原因となってしまいます。また、固まると硬度が石のように強いため、接触骨面との間にずれや空間ができたり、さらに後に隣接上下椎体の骨折を新たに発生することも少なくありません。上図は一つ下の圧迫骨折が新たに発生したものです。(Dr.Bambangよりの提供写真)

このページのトップへ

脊椎・椎体疾患
脊柱管狭窄症
脊柱管狭窄症について
PEL(経皮的内視鏡下脊柱管拡大術)
MEL(内視鏡下脊柱管拡大術)~重度脊柱管狭窄症患者向け2泊根治手術~
重度の脊柱管狭窄症のための手術(MEL)の流れ
仙骨硬膜外鏡神経剥離術 Epiduroscopyについて
脊椎圧迫骨折
脊椎圧迫骨折には椎体増幅形成術(圧迫骨折矯正術(一泊入院))
脊椎圧迫骨折 手術前後の比較
脊椎圧迫骨折の手術の流れと費用
他の手術法との相違点
骨密度測定
頚椎椎間板ヘルニア
経皮的内視鏡頚椎椎間板ヘルニア摘出手術(PECD)の特徴
頚椎椎間板ヘルニアの症状
頚椎椎間板ヘルニアの手術の流れと適応
頚椎椎間板ヘルニアの手術方法と機器
最先端低侵襲頸椎手術
頸椎手術の手技体系
1.経皮的内視鏡下頸椎椎間孔拡大術
2.頸椎人工椎間板置換術
3.頸椎脊柱管拡大術
最先端低侵襲頸椎手術の受け方
腰椎分離症・すべり症
せぼねの病気・症状について
「背中の激しい痛み」「背中が丸くなる」など…脊椎圧迫骨折は寝たきりの原因となり得ます。
そのお尻や足の痛みやしびれ、坐骨神経痛かも?
首や肩の痛み、手足のしびれ。それは頚椎椎間板ヘルニアかも?
ヘルニアとは?
脊椎・椎体疾患についての質問・診療申込み

最小侵襲脊椎手術

メディア情報
当院がTV・雑誌・各種メディアで紹介された時の記録です
〒480-0102 愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字郷東41
Copyright(c) 2013 ITO ORTHO & INTERNAL CLINIC All Rights Reserved.