脊椎圧迫骨折の種類と手術前・手術後の比較 -ヘルニア、脊椎圧迫骨折の治療・手術の専門機関-

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の治療・手術はあいち腰痛オペクリニック

脊椎圧迫骨折 手術前後の比較

脊椎圧迫骨折

圧迫骨折の色々


L2は比較的新しい骨折で痛みの原因となっている。
L5は陳旧性のものでつぶれて背は低くなったものの、今は安定しており、痛みの原因ではない。


Th12~L4までの急性・陳旧性の混じり合った多発性脊椎圧迫骨折。放置しておくと進行性であり、亀背となり内臓が圧迫され寿命に影響を及ぼしてくる。


急性圧迫骨折は単純レントゲンでは診断がつきにくく、MRIで確定診断がつく。早期診断・早期治療こそが最も重要である。

手術前・手術後の画像比較

症例1:新鮮L1, L2圧迫骨折

<左図>
L1手術が終了し、L2椎体に注入開始している途中の側面レントゲン像。

<右図>
術後15分経過時の正面レントゲン像。切開もなく3mm径の針のみの手術である。

<左図>
MRI像の黒い部分が椎体の中でくずれている場所であり、強い痛みが特に起き上がる動作で発生。同時に歩行困難で来院。

<右図>
L1, L2椎体ともメッシュ袋の中に人工骨がつめられ、近々の圧壊を防止でき、猫背とならずに済んだところ。翌日歩行退院。

症例2:新鮮L1圧迫骨折

<左図>
新鮮な骨折のため強い腰痛で体動が困難となって来院。
初診時CT像にてL1の新鮮骨折が認められる。

<右図>
メッシュ袋内に人工骨を充填し、直ちに強痛がとれ、曲がりかかった背骨も真っすぐになった。

<左図>
64マルチCTによる3D像は2~3分で撮影ができ、骨折の具合が立体的に把握できる。

<右図>
人工骨充填後は前方部分のつぶれた骨は正常に復元しており、形は完全回復し、翌日歩行にて退院。

このページのトップへ

脊椎・椎体疾患
脊柱管狭窄症
脊柱管狭窄症について
PEL(経皮的内視鏡下脊柱管拡大術)
MEL(内視鏡下脊柱管拡大術)~重度脊柱管狭窄症患者向け2泊根治手術~
重度の脊柱管狭窄症のための手術(MEL)の流れ
仙骨硬膜外鏡神経剥離術 Epiduroscopyについて
脊椎圧迫骨折
脊椎圧迫骨折には椎体増幅形成術(圧迫骨折矯正術(一泊入院))
脊椎圧迫骨折 手術前後の比較
脊椎圧迫骨折の手術の流れと費用
他の手術法との相違点
骨密度測定
頚椎椎間板ヘルニア
経皮的内視鏡頚椎椎間板ヘルニア摘出手術(PECD)の特徴
頚椎椎間板ヘルニアの症状
頚椎椎間板ヘルニアの手術の流れと適応
頚椎椎間板ヘルニアの手術方法と機器
最先端低侵襲頸椎手術
頸椎手術の手技体系
1.経皮的内視鏡下頸椎椎間孔拡大術
2.頸椎人工椎間板置換術
3.頸椎脊柱管拡大術
最先端低侵襲頸椎手術の受け方
腰椎分離症・すべり症
せぼねの病気・症状について
「背中の激しい痛み」「背中が丸くなる」など…脊椎圧迫骨折は寝たきりの原因となり得ます。
そのお尻や足の痛みやしびれ、坐骨神経痛かも?
首や肩の痛み、手足のしびれ。それは頚椎椎間板ヘルニアかも?
ヘルニアとは?
脊椎・椎体疾患についての質問・診療申込み

最小侵襲脊椎手術

メディア情報
当院がTV・雑誌・各種メディアで紹介された時の記録です
〒480-0102 愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字郷東41
Copyright(c) 2013 ITO ORTHO & INTERNAL CLINIC All Rights Reserved.