頸椎神経根症、変形性頸椎症、頸椎脊髄症等々を解消する最先端低侵襲頸椎手術 -ヘルニア、脊椎圧迫骨折の治療・手術の専門機関-

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の治療・手術はあいち腰痛オペクリニック

頸椎人工椎間板置換術(ACNR)

最先端低侵襲頸椎手術

首や腕の頑固な痛みに対する3泊、3cm切開での日本で当院のみの最先端手術法 ACNR

上下に幅広い椎間板ヘルニアや変形性頸椎症による骨の棘は頑固な首の痛みや、腕に行く神経を強く圧迫し腕のしびれ・肩甲部の倦怠痛等を起こしてきます。当院では日本で初めて頸椎人工椎間板置換術ACNRを導入し、首が自然に動く手術法を行っています。全身麻酔、首前方での3cm切開、3泊入院、1,700,000円の自費診療です。


【頸椎人工関節置換術後の屈曲位】
首は自然に前に曲げる事が可能です。


【頸椎人工関節置換術後の伸展位】
首を自然に後に伸ばす事が可能です。


【プラスチティック製頸椎人工椎間板】
頸椎屈伸はボール&ソケット運動によって自由に曲がります。屈伸角度計40°


【プラスチティック製頸椎人工椎間板】
頸椎屈伸はボール&ソケット運動によって自由に曲がります。屈伸角度計40°


【頸椎人工椎間板回旋】
回旋角度は360°に設計されています。

従来型手術の問題点

一方、従来型の手術では前方固定術がなされ首の骨は固定され動かなくなってしまいました。そのため固定された頸椎の上下の椎間板に、やがて障害が生じ、椎間板ヘルニアや変形性頸椎症への進展する場合が25%あるとされています。但し変形が強く重度の場合には前方固定術は有効ですので時々利用されています。


【従来型頸椎前方固定術】
従来型手術は二つの骨を固めて動かないように固定します。首を前後に動かしてもC5/6は全く動きません。しばし痛みは緩和されますが、数年後に25%の方に上下の椎間板に負担がかかりあらたな障害が生じてきます。

このページのトップへ

脊椎・椎体疾患
脊柱管狭窄症
脊柱管狭窄症について
PEL(経皮的内視鏡下脊柱管拡大術)
MEL(内視鏡下脊柱管拡大術)~重度脊柱管狭窄症患者向け2泊根治手術~
重度の脊柱管狭窄症のための手術(MEL)の流れ
仙骨硬膜外鏡神経剥離術 Epiduroscopyについて
脊椎圧迫骨折
脊椎圧迫骨折には椎体増幅形成術(圧迫骨折矯正術(一泊入院))
脊椎圧迫骨折 手術前後の比較
脊椎圧迫骨折の手術の流れと費用
他の手術法との相違点
骨密度測定
頚椎椎間板ヘルニア
経皮的内視鏡頚椎椎間板ヘルニア摘出手術(PECD)の特徴
頚椎椎間板ヘルニアの症状
頚椎椎間板ヘルニアの手術の流れと適応
頚椎椎間板ヘルニアの手術方法と機器
最先端低侵襲頸椎手術
頸椎手術の手技体系
1.経皮的内視鏡下頸椎椎間孔拡大術
2.頸椎人工椎間板置換術
3.頸椎脊柱管拡大術
最先端低侵襲頸椎手術の受け方
腰椎分離症・すべり症
せぼねの病気・症状について
そのお尻や足の痛みやしびれ、坐骨神経痛かも?
首や肩の痛み、手足のしびれ。それは頚椎椎間板ヘルニアかも?
ヘルニアとは?
ヘルニアなどについてのお問い合わせ・診療予約

最小侵襲脊椎手術

メディア情報
当院がTV・雑誌・各種メディアで紹介された時の記録です
〒480-0102 愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字郷東41
Copyright(c) 2013 ITO ORTHO & INTERNAL CLINIC All Rights Reserved.