経皮的内視鏡頚椎椎間板ヘルニア摘出術(PECD)用の重要機器は、内視鏡とヘルニア摘出用鉗子 -ヘルニアの治療・手術の専門機関-

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の治療・手術はあいち腰痛オペクリニック

頚椎椎間板ヘルニアの手術方法と機器

頚椎椎間板ヘルニア

PECD手術の方法

少し専門的ですが、経皮的内視鏡頚椎椎間板ヘルニア摘出手術(PECD)の方法をご紹介します。「経皮的」とは、一般的な手術のように大きく切開せずに治療を行う方法のことです。

  1. 1mmの針をレントゲン透視下に刺入する。ヘルニアの存在側の反対から針は刺入する。
  2. インディゴカルミンブルー入りの造影剤を0.5cc注入し、椎間板ヘルニアを染色し、広がりを確認する。
  3. 次いでガイドピンに入れ替える。
  4. 拡張管を1mmずつ大きくして最後に4mmの操作管とする。
  5. 3.5mm内視鏡を操作管の中に入れ、椎間板内の状態をハイビジョンモニターに拡大する。
  6. ブルー染色されたヘルニア塊を2mm小鉗子で直接に摘出する。
  7. 後縁骨棘が軽度であればカッターで切削する。
  8. モニターで確認しながらホルミウムレーザーで線維輪を蒸散する。冷却水を潅流しながら行う。
  9. ヘルニアが後縦靭帯より穿孔脱出している場合は、レーザーで後縦靭帯を凝縮蒸散してヘルニアをモニター上に映し出す。
  10. 約1時間の手術時間を要します。頸部にはカットバンを貼ります。
  11. 手術当日歩行開始、翌日ヘルニア摘出後のMRIを確認し、退院です。


痛みの反対側より針を刺入する


椎体後方まで針を進める


4mmの操作管に入替


2mm小鉗子で直接ヘルニア塊を摘出


軽度の後縁骨棘はカッターで切削可能


レーザーにより凹凸部を凝縮平坦化してきれいに


術前頚椎椎間板ヘルニアMRI像


術直後MRIにてヘルニア縮小を認める


切除した頚椎椎間板ヘルニア塊

手術機器

経皮的内視鏡頸椎椎間板ヘルニア摘出術(PECD)用の重要機器は、内視鏡と各種ヘルニア摘出用鉗子です。

3.5mm内視鏡内に小鉗子を挿入、モニターで拡大
2mm小鉗子でヘルニアを摘出し、レーザー光線で髄核凹凸を凝縮固定化します。


頚椎椎間板ヘルニア用の米国製小機器のすべて


3.5mmの内視鏡画像をモニターで30cm大に拡大

このページのトップへ

脊椎・椎体疾患
脊柱管狭窄症
脊柱管狭窄症について
PEL(経皮的内視鏡下脊柱管拡大術)
MEL(内視鏡下脊柱管拡大術)~重度脊柱管狭窄症患者向け2泊根治手術~
重度の脊柱管狭窄症のための手術(MEL)の流れ
仙骨硬膜外鏡神経剥離術 Epiduroscopyについて
脊椎圧迫骨折
脊椎圧迫骨折には椎体増幅形成術(圧迫骨折矯正術(一泊入院))
脊椎圧迫骨折 手術前後の比較
脊椎圧迫骨折の手術の流れと費用
他の手術法との相違点
骨密度測定
頚椎椎間板ヘルニア
経皮的内視鏡頚椎椎間板ヘルニア摘出手術(PECD)の特徴
頚椎椎間板ヘルニアの症状
頚椎椎間板ヘルニアの手術の流れと適応
頚椎椎間板ヘルニアの手術方法と機器
最先端低侵襲頸椎手術
頸椎手術の手技体系
1.経皮的内視鏡下頸椎椎間孔拡大術
2.頸椎人工椎間板置換術
3.頸椎脊柱管拡大術
最先端低侵襲頸椎手術の受け方
腰椎分離症・すべり症
せぼねの病気・症状について
「背中の激しい痛み」「背中が丸くなる」など…脊椎圧迫骨折は寝たきりの原因となり得ます。
そのお尻や足の痛みやしびれ、坐骨神経痛かも?
首や肩の痛み、手足のしびれ。それは頚椎椎間板ヘルニアかも?
ヘルニアとは?
ヘルニアなどについてのお問い合わせ・診療予約

最小侵襲脊椎手術

メディア情報
当院がTV・雑誌・各種メディアで紹介された時の記録です
〒480-0102 愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字郷東41
Copyright(c) 2013 ITO ORTHO & INTERNAL CLINIC All Rights Reserved.