手術・治療のご案内

  1. トップ
  2. 手術・治療のご案内
  3. 脊柱管狭窄症とは
  4. 手術について:TLIF

TLIF | 脊柱管狭窄症の手術

軽・中・重TILF:腰椎椎体間固定術

後方より両側を3㎝ずつ切開し、除圧と固定を行う手術です。

神経を圧迫している部分を切除した後、ケージと呼ばれるパーツを打ち込んで、チタン製などのスクリューによって椎体間を固定します。手術後1~2日で歩けるようになります。300余例の93%が成功でした。

適応となる方

  • 重度の腰椎変性すべり症、分離すべり症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアなど

TLIFをご希望の方

入院案内をご確認いただき、以下までお問い合わせください。

入院案内ページはこちら

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP

PAGE TOP