手術・治療のご案内

  1. トップ
  2. 手術・治療のご案内
  3. 腰椎椎間板ヘルニア
  4. 手術について:PLDD

PLDD | 腰椎椎間板ヘルニアの手術

軽・中・重PLDD:経皮的レーザー椎間板減圧術とは

腰椎PLDD
頚椎PLDD

軽度~中度の椎間板ヘルニアに有効な手術です

軽度~中度の椎間板ヘルニアに対して、局所麻酔下にて、1mmの針を刺し、その中からレーザーファイバーを通して、ヘルニア膨隆部を熱凝固収縮させる方法です。15分程で終了の日帰り手術です。一般によくやられているのは椎間板中央部ですが、当院は膨隆部そのものに照射をおこなっています。病巣は中央ではなく、後方部の神経周辺だからです。この方法は腰椎に限らず、頚椎のヘルニアにも行われます。

さらに椎間板亀裂部から水を流出させ、神経との癒着を剥離します。硬膜外の疼痛物質も同時に洗浄されます。

疼痛軽減のメカニズム

  • 膨隆髄核の凝固収縮による神経への圧迫力が減少します。(減圧術といわれる由縁)
  • 椎間板性疼痛の原因である線維輪椎骨洞神経を焼却し、疼痛を軽減します。
    thermal annuloplasty(熱性線維輪形成術)
  • また、疼痛物質を水で洗い流すことも炎症を抑制する効果があります。(硬膜外腔洗浄効果)

適応となる方

  • 軽度~中度の椎間板ヘルニア

メリット

  • 15分程で終了の日帰り手術です。

使用する機器

レーザーファイバー先端拡大図

先端は丸くなっておりレーザー光線が円形となります。

円形のレーザー光線

光の乱反射により先端では円形の光線が発せられ、髄核の蛋白質を熱凝固します。

改善推移

<左図>
椎間板後方中央部の線維輪が破綻し、椎骨洞神経が刺激され、椎間板性の疼痛(discogenic pain)が生ずると腰痛・殿部痛となってきます。

<右図>
レーザー照射後、髄核突出部の縮小が1~3ケ月後に認められてきます。discogenic painが軽減し、腰痛が消失しました。

PLDDをご希望の方

以下までお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP

PAGE TOP