経皮的内視鏡椎間板ヘルニア摘出術(PELD)は体への負担が少ない安全安心な手術法 -ヘルニアの治療・手術の専門機関-

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の治療・手術はあいち腰痛オペクリニック

PELD手術の特徴

重度の椎間板ヘルニア

経皮的内視鏡椎間板ヘルニア摘出術(PELD)の特徴

  • 腰椎椎間板ヘルニアの代表的最小侵襲脊椎手術です。
  • 中~大サイズのヘルニア又は中程度~強度の疼痛の場合に適応です。
  • 内視鏡画像をモニターに60倍拡大して行うハイテク手術です。
  • 6mm操作管の中で3mm小鉗子によりヘルニアを摘出します。
  • レーザー・ラジオ波でヘルニアを凝縮平坦化します。
  • 神経に触れず、出血や癒着が極小で後遺症がありません。
  • 局所麻酔1時間の手術です。(日本初の専門医療機関)
  • 手術当日歩行開始し、翌朝退院となります。
  • 傷口は6mmのため小カットバンのみで、抜糸も必要ありません。
  • 体にもっともやさしい最先端の手術法です。自費診療です。
  • すでに3,200件以上のPELDがなされ、国内では最多となっています。
  • 94%の方は優・良の成績で満足頂いています。

三種の神器


小鉗子
3mmの小鉗子でヘルニア切除。内視鏡で確認しながらヘルニアを摘出することが可能です。


小鉗子
レントゲン透視で小鉗子位置確認
大きなヘルニアは小鉗子で摘出することができます。


レーザー光線
蒸散用1.5mmのレーザー光針
レーザーは椎間板内での操作のため安全安心です。


ラジオ波
1.5mmの止血用ラジオ波針
毛細血管の止血に有用で、硬膜外腔で使用することもあります。

手術直後及び1ヶ月後のMRI改善推移

<手術前>
<手術前後比較>巨大ヘルニア

<手術直後>
<手術前後比較>巨大ヘルニア

<手術1ヶ月後>
<手術前後比較>巨大ヘルニア

<左図:手術前>
L4/5での左に脱出した巨大ヘルニアのため、強痛により真っ直ぐに歩行ができない。さらに上向きで寝ることもできない。

<中央図:手術直後>
手術直後のMRI像では神経の圧迫は完全に消失し、手術3時間後には快適に自由歩行となり、翌日退院されました。
手術直後のMRI像ではヘルニアは摘出され、白い水に置き換わっている。手術後より上向きに寝ることが完全に可能となる。

<右図:手術1ヶ月後>
手術1ヶ月後には神経にしっかりとしたふくらみが現れ、椎間板の修復も完全となっている。

このページのトップへ

ヘルニアなどについてのお問い合わせ・診療予約

最小侵襲脊椎手術

メディア情報
当院がTV・雑誌・各種メディアで紹介された時の記録です
〒480-0102 愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字郷東41
Copyright(c) 2013 ITO ORTHO & INTERNAL CLINIC All Rights Reserved.