中~大サイズの椎間板ヘルニアは最小侵襲脊椎手術「経皮的内視鏡椎間板ヘルニア摘出手術(PELD)」が有効 -ヘルニアの治療・手術の専門機関-

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の治療・手術はあいち腰痛オペクリニック

手術直後の改善例3

重度の椎間板ヘルニア

症例4:手術前・手術直後の動作比較

手術前後の歩行

手術前

手術前歩行は右の脚を引きずっている

手術後

手術後の歩行では脚の引きずりは消失。右手の振りがやや少ない

手術前後の挙上動作

手術前

左脚挙上時に右脚に痛みが投影されている。右SLRは20゜で痛みのため脚は挙上不能

手術後

手術後直ちに右SLRは80゜になり、やや脚の筋のつっぱりが残存

このページのトップへ

症例5:手術前・手術直後の動作比較

手術前後の歩行

手術前

ヘルニアのため左足に体重が充分かけれない

手術後

ヘルニア摘出直後は両足をついて歩行が可能

手術前後の挙上動作

手術前

左ヘルニアのため左足が充分に挙上できない

手術後

手術直後の左足は右と同様に挙上が可能

症例6:手術前・手術直後の下肢挙上テスト

ケース1

手術前

手術前右下肢SLRは45゜で挙上不可能であり強い疼痛も出現

手術後

手術直後右下肢SLRは90゜まで直ちに挙上可能となり疼痛も消失

ケース2

手術前

手術前右下肢SLRは60゜で挙上不可能であり強い疼痛も出現

手術後

術直後右下肢SLRは120゜まで直ちに挙上可能となり疼痛も消失

このページのトップへ

ヘルニアなどについてのお問い合わせ・診療予約

最小侵襲脊椎手術

メディア情報
当院がTV・雑誌・各種メディアで紹介された時の記録です
〒480-0102 愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字郷東41
Copyright(c) 2013 ITO ORTHO & INTERNAL CLINIC All Rights Reserved.