経皮的内視鏡椎間板ヘルニア摘出術(PELD)の受け方と費用 -ヘルニアの治療・手術の専門機関-

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の治療・手術はあいち腰痛オペクリニック

治療の受け方

重度の椎間板ヘルニア

経皮的内視鏡ヘルニア摘出術(PELD)の受け方

あいち腰痛オペクリニックでは、ヘルニアのサイズが中~大程度で、疼痛が中~強程度の椎間板ヘルニアに対して、経皮的に内視鏡を挿入して小鉗子でヘルニアを摘出し、レーザー光線やラジオ波で椎間板の凹凸を平坦化する方法を日本で初めて可能にしました。腰椎椎間板ヘルニアは局所麻酔・一泊のみで退院です。現在この治療は当クリニックでは自費診療として扱っています。腰椎手術は19年3月下旬から開始しました。

椎間板ヘルニアの程度と手術適応

ヘルニアのサイズ 中程度~大
ヘルニアによる痛み 中~強度
手術方法 局所麻酔による経皮的内視鏡ヘルニア摘出術PELD
(手術時間:約1時間)
入院日数 一泊入院で翌日退院
初日 脊椎ドック(脊椎精密検査) まず脊椎ドック(脊椎精密検査)(MRI・CT・X-P:55,000円)を受けます
術前全身検査 手術決定の場合は術前検査をひき続き行ないます
(血液・胸X-P・心電図等:25,000円)
別途、心臓超音波検査(10,000円)などの検査を追加する場合もあります。
画像機能診断 神経根造影・椎間板造影等(各30,000円づつ)が必要な場合もあります
手術料 1,300,000円
治療費の負担 自費診療(保険外診療)
その他 従来法によるヘルニア切開手術を勧められている方
(神経癒着による後遺症、切開の大きさ、入院日数の長さ等で困っている)

経皮的内視鏡ヘルニア摘出術の適応にならない場合

症状・状態 対処方法
ヘルニア以外の診断の場合 すべり症、後縦靭帯骨化症、脊髄症が考えられます
ヘルニアが複数の場合 手術日を変えて行えば複数ヘルニアも可
腰椎脊柱管狭窄症の場合 一泊手術(棘突起間伸展制動術BacJak挿入術)をおすすめします
ヘルニアに骨棘や狭窄症が合併している場合 全身麻酔の二泊手術(内視鏡下脊柱管拡大術)をおすすめします
ヘルニアが小~中初サイズで、強痛ではない場合 経皮的レーザー椎間板減手術圧術(PLDD)をおすすめします
多椎間脊柱管狭窄症の場合 他院での数週間入院が必要な広範椎弓切除術をおすすめします

経皮的内視鏡ヘルニア摘出術(PELD)の予約方法

電話予約

手術希望の方は電話で初診日の予約をとって頂きます。
電話の際に『経皮的内視鏡ヘルニア手術PELD希望』とお伝えください。

伊藤整形・内科 あいち腰痛オペクリニック

TEL:0120-000-568, 0587-92-3388

8:30~17:00
※休診日は木曜、日祝日


問診票はこちら

MRI問診票はこちら

初診と諸検査

初診日に諸検査を済ませ、1週間以降を手術日とします。

脊椎ドック(脊椎精密検査)と術前検査

(1)脊椎ドック(脊椎精密検査):55,000円

(2)術前全身検査:25,000円
  別途、心臓超音波検査(10,000円)などの検査を追加する場合もあります。

(3)画像機能診断(各30,000円づつが追加の場合もあります)
   神経根造影・椎間板造影等が必要な場合もあります。

初診日の流れ

脊椎ドック(脊椎精密検査)(1.5テスラMRI・64マルチCT・レントゲン機能撮影)(費用:55,000円)が脊椎の状態を一度に総合的に判断する基本検査となります。

1.5テスラMRI検査 経皮的内視鏡ヘルニア摘出術PELDが適応か異なのかを決定
以下の方は1.5テスラMRI検査ができないことがあります。
脳動脈瘤のクリップ、ペースメーカー、冠動脈ステント、埋没疼痛除去電極、入れ墨等の方

64マルチCTで脊椎の立体画像を撮影 脊椎を立体画像として撮影。骨棘・椎間板石灰化・椎間関節肥大化・狭窄症の有無等を3D画像でチェック。

レントゲン機能撮影 脊椎レントゲンの屈曲・伸展の動態撮影は脊椎不安定性をチェックします。

術前全身検査(費用:25,000円) 胸部写真・心電図・血液検査・肺活量
以上が手術決定となった場合の術前検査です。初診日に行なえます。
別途、心臓超音波検査(10,000円)などの検査を追加する場合もあります。

画像機能診断(費用:30,000円~60,000円) 神経根造影・椎間板造影等が必要な場合もあります。
症状に応じてはより精密に手術部位や手術法の決定に必要な検査を追加する事もありえます。
いづれかまたは時に両者のこともあります(各30,000円づつ)
神経根造影:数本の神経根の内どれが病変かを決定するのに重要な検査です。
椎間板造影:外側ヘルニアという特殊ヘルニア等においては重要な検査です。

手術前の検査料 合計 80,000円
(画像機能診断を追加する場合は90,000円~150,000円)
別途、心臓超音波検査(10,000円)などの検査を追加する場合もあります。

経皮的内視鏡ヘルニア手術(PELD)を受ける際の注意点

  • 手術の適応の方の手術日は、初診日の1週間以上後となります。
  • 手術後2週間はコルセットを着用。お持ちでない方は別途2千円でお買い上げ頂きます。
  • バイアスピリン、ワーファリン、その他血液凝固を予防する薬剤を内服の方は手術前7~10日前から、パナルジンを内服の方は手術前14日前から服用は控え、手術後も3日間は控えて下さい。血液凝固予防薬休止の是非につき、処方をされた先生に紹介状をお渡ししますので、ご承諾を頂いた上で手術を予定いたします。
  • 降圧剤使用中の方は朝6時までに少量の水で内服してきてください。
  • 糖尿病薬は手術当日の朝は絶対に服用しないで下さい。
  • 食事は前夜の21時以降は中止してください。
  • 水分は当日朝6時以降は摂取禁止です。
  • 手術当日は朝食を抜きで早朝に来院して頂きます。
  • 遠方からお越しの方は前日入院(費用40,000円)が可能です。
  • 手術後は抗生物質入りの点滴のため個室ベッドで安静をして頂きます。
  • 手術当日よりトイレ歩行が可能で、翌朝 9時頃に退院となります。

このページのトップへ

手術代金・入院料の内訳・概要

経皮的内視鏡ヘルニア手術(PELD)/手術料:1,300,000円の内訳
1 手術技術料
(脊椎外科医手術技術料、麻酔科医技術料、看護技術料、放射線技師技術料、神経モニター監視スタッフ技術料)
2 点滴薬品代、各種消耗品代、造影剤等
3 レーザーファイバー(1回限り使用) ※当クリニックのみ使用
ラジオ波プローべ(1回限り使用)
4 高度精密医療機器の使用料
(内視鏡ハイビジョンシステム、放射線透視装置、レーザー発生装置、ラジオ波発生装置等)
5 個室入院費用一切
(入院費、寝具、病衣、個人専用洗面用具、TV、冷蔵庫使用料、シャワー、入浴、食事代金、ミネラルウォーターまたはお茶等、一流ホテルと類似形態)
6 一泊分の入院費
7 手術直後MRI代金、3ヶ月以内の診察・治療・再手術代
(あいち腰痛オペクリニックでの受診の場合のみ)
備考
・手術代金は、手術当日の入院手続き時に一括前納
・生命保険の診断書料は別途3千円が必要
・二泊目以降の延泊料金は特別個室40,000円が追加料金です。
・ご家族の方は、特別個室10,000円(昼食からの料金)
・あいち腰痛オペクリニックでの手術後3ヶ月後までの診察料・治療費・再手術代は無料
 ※ただし、入院に際しては入院費用(1泊40,000円=食事代・病衣・衛生用品等)をご負担いただきます。
・手術後3ヶ月以降の診療行為が必要な場合は、自費診療のままで継続

手術後の経過について

手術直後のMRI(またはCT)再検と1ヶ月後に診察があります(当クリニックでの診療の場合は無料)。
遠方等で来院困難の方は、お手紙(アンケート)で術後の状態をお知らせください。

疼痛は直ちに楽になる場合が90%以上ですが、しびれは若干残ることがしばらくありえます。

手術後の診察について

同一病名で保険診療(1~3割負担)と、自費診療(全額自己負担)を引き続いて利用することを「混合診療」と言い、これは医療法で禁止されています。したがって、経皮的内視鏡手術の場合はその前後において、保険診療は利用することはできません。

手術後3ヶ月間の自費診療期間終了後は、あいち腰痛オペクリニックでの引き続きのヘルニアの保険診療を受けることができません。

手術結果は95%の好成績を収めていますが、一部に不十分な場合もありえます。もし症状が残存したり、万一再発の場合等で手術後3ヶ月以降に引き続き診療を受けられる場合は、すべて自費診療となります。

術後3ヶ月後までの診察料・治療費・再オペ代は、無料です。
※ただし、入院に際しては入院費用(1泊40,000円=食事代・病衣・衛生用品等)をご負担いただきます。なお別の箇所に問題がある場合は全額の所定金額となり、無料ではありません。

あいち腰痛オペクリニックですでにヘルニアで保険診療を受けている方は、自費診療での経皮的内視鏡手術を受けることができません。

このページのトップへ

ヘルニアなどについてのお問い合わせ・診療予約

最小侵襲脊椎手術

メディア情報
当院がTV・雑誌・各種メディアで紹介された時の記録です
〒480-0102 愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字郷東41
Copyright(c) 2013 ITO ORTHO & INTERNAL CLINIC All Rights Reserved.