中~大サイズの椎間板ヘルニアの場合、最小侵襲脊椎手術「経皮的内視鏡椎間板ヘルニア摘出術PELD」を適応 -ヘルニアの治療・手術の専門機関-

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の治療・手術はあいち腰痛オペクリニック

重度の椎間板ヘルニア

重度の椎間板ヘルニア

重度の椎間板ヘルニアは、ヘルニアのサイズが中~大程度で、疼痛が中程度~強度のヘルニアです。

重度の椎間板ヘルニアに適応する代表的な最小侵襲脊椎手術「経皮的内視鏡椎間板ヘルニア摘出術PELD」についてご紹介しています。

「経皮的内視鏡椎間板ヘルニア摘出術PELD」は、傷口わずか6mm、抜糸の必要 がなく、翌日に退院可能な体に最もやさしい最先端の手術法です。

重度の椎間板ヘルニア

PELD手術の特徴
重度の椎間板ヘルニア、中~強度の疼痛に適応する経皮的内視鏡腰椎椎間板ヘルニア摘出術(PELD)は、一泊で退院可能な手術です。
椎間板ヘルニアの手術の特徴
手術直後の改善例1
椎間板ヘルニアになると、神経が圧迫され、腰痛などが起こります。坐骨神経痛の多くの原因が椎間板ヘルニアによるものです。
椎間板ヘルニアの手術直後の改善例1
治療の受け方
あいち腰痛オペクリニックにおける重度の椎間板ヘルニアの治療の流れ・費用について説明しています。
椎間板ヘルニアの治療の受け方
ヘルニアの手技体系
あいち腰痛オペクリニックでは、ヘルニアの程度に合わせて体の負担にならない方法で手術・治療を行っています。
椎間板ヘルニアの手技体系
手術方法 その1
「経椎間孔アプローチtransforaminal法」というヘルニア手術による治療方法をご紹介しています。
椎間板ヘルニアの手術方法 その1
手術方法 その2
「椎弓間アプローチInterlaminar法」というヘルニア手術による治療方法をご紹介しています。
椎間板ヘルニアの手術方法 その2
他手術との相違点
あいち腰痛オペクリニックの代表的手術である経皮的内視鏡ヘルニア摘出術(PELD)と他手術の方法を説明しています。
椎間板ヘルニアの他手術との相違点
手術機器と設備
6mm内視鏡下において3.5mm小鉗子を使用し、直接、安全にヘルニアを摘出します。
椎間板ヘルニアの手術機器と設備
手術直後の改善例2
あいち腰痛オペクリニックでのヘルニア手術の手術前後(症例2~症例3)を患者様の動画にてご紹介しています。
椎間板ヘルニアの手術直後の改善例2
手術直後の改善例3
あいち腰痛オペクリニックでのヘルニア手術の手術前後(症例4~症例6)を患者様の動画にてご紹介しています。
椎間板ヘルニアの手術直後の改善例3
手術前後のMRI比較
重度の椎間板ヘルニアの手術前後の患者様の様子を画像や動画でご覧いただけます。
椎間板ヘルニアの手術前後のMRI比較
手術実績
ヘルニア摘出術の実績をご紹介しています 。安全・安心な手術法で、多くの方が痛みを解消し、満足のいく回復をされています。
椎間板ヘルニアの手術実績

このページのトップへ

〒480-0102 愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字郷東41
Copyright(c) 2013 ITO ORTHO & INTERNAL CLINIC All Rights Reserved.