手術・治療のご案内

  1. トップ
  2. 手術・治療のご案内
  3. 頚髄症
  4. 手術について:頚椎椎弓形成術

頚椎椎弓形成術 | 頚髄症の手術

軽・中・重頚椎椎弓形成術

神経の通り道が拡大しています

多椎間での変性により、脊髄が障害を受け、上肢のしびれ・痛み・歩行困難・尿コントロール障害等が発生した場合は脊柱管拡大術が行われます。

後方より皮膚、筋肉を切開し、神経を取り囲んでいる骨(椎弓)をドリルで削り、ドアを開くように神経の通り道を広げます。10cm程の切開で行われます。

頚椎椎弓形成術をご希望の方

入院案内をご確認いただき、以下までお問い合わせください。

入院案内ページはこちら

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP

PAGE TOP