ヘルニアは、頭痛、腰痛、肩こり、坐骨神経痛等の代表的な疾病 -ヘルニアの治療・手術の専門機関-

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の治療・手術はあいち腰痛オペクリニック

そのお尻や足の痛みやしびれ、坐骨神経痛かも?

せぼねの病気・症状

「最近、お尻から足の後ろにかけて強い痛みが走る」「時々、ふくらはぎの外側やすねが痛くなる」「痛みやしびれが強くて歩けないこともある」。

これらは、坐骨神経痛の典型的な症状です。なぜ坐骨神経痛が起こるのか? どう対処すれば良いのか? について、詳しく見ていきましょう。

坐骨神経痛とは?

腰から足先まで、太ももを通り伸びる神経のことを坐骨神経と言います。

坐骨神経痛は、この神経のどこかに障害が起こってしまっている状態のこと。腰や尻、太ももやふくらはぎがピリピリとしびれたり、時に痛んだり、強く張ったりするのが主な症状です。

なお、坐骨神経痛は単体での発生だけでなく、腰痛と一緒に起こることが多いです。

しびれや痛みが現れる部位

坐骨神経痛になる原因と症状

坐骨神経痛が生じることのある代表的な疾患には、「腰椎椎間板ヘルニア」と「腰部脊柱管狭窄症」が有ります。

腰椎椎間板ヘルニア

坐骨神経痛の多くは腰椎椎間板ヘルニアが原因とされています。

これは、椎間板を構成する線維輪が断裂し、中から髄核が出てきて神経を圧迫するためです。

症状としては腰や尻から足方向に痛みが散らばるように発生します。その他にも、足のふくらはぎの外側がしびれたり、足に力が入らなくなったりすることも。また、排尿や排便が不自由になるケースもあります。

腰部脊柱管狭窄症

加齢によって背骨や椎間板が変形すると、腰椎の脊柱が狭くなり、そこに通る神経が圧迫されて症状が起こります。特に、中高年の方に多いのが特徴です。

激しく動くことがなければ痛みはありませんが、歩いたり走ったりすると尻や太ももから足の先にかけて、しびれや痛みが出ることがあります。

その他にも、足の筋力低下や知覚障害、トイレが近くなり回数も多くなる、といった症状に見舞われることがあります。

坐骨神経痛の診断と治療

坐骨神経痛が起こっている場合は、まず医療機関で診断を受けるようにしましょう。

レントゲンや MRI などで検査を行えば、その原因が腰椎椎間板ヘルニアなのか腰部脊柱管狭窄症なのか、それともそれ以外に要因があるのかが分かります。あとは医師の指示に従い、適切な治療を受けてください。

まとめ~予防のために~

坐骨神経痛を予防するためには、はじめに腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症にならないよう、健康的な生活を送るのが重要です。そのためには、正しい姿勢を保つことや、冷えを防ぐこと、体への負担を減らすために肥満を解消することなどが有効。また、運動不足の方であれば、ラジオ体操などで体を動かし、風呂上がりにはストレッチを行うのもオススメです。

なお、どうしても予防・解消が難しい場合には、早めに医師に相談するようにしましょう。

このページのトップへ

ヘルニアなどについてのお問い合わせ・診療予約

最小侵襲脊椎手術

メディア情報
当院がTV・雑誌・各種メディアで紹介された時の記録です
〒480-0102 愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字郷東41
Copyright(c) 2013 ITO ORTHO & INTERNAL CLINIC All Rights Reserved.