経皮的レーザー椎間板減圧凝縮術(PLDD)×伊藤式椎間板注入癒着剥離法は体への負担が少ない安全安心な手術法 -ヘルニアの治療・手術の専門機関-

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の治療・手術はあいち腰痛オペクリニック

レーザー減圧術

腰痛・頚部痛・肩こり

経皮的レーザー椎間板減圧術PLDD

軽度~中度の椎間板ヘルニアに有効な手術です

軽度~中度の椎間板ヘルニアに対して、局所麻酔下にて、1mmの針を刺し、その中からレーザーファイバーを通して、ヘルニア膨隆部を熱凝固収縮させる方法です。15分程で終了の日帰り手術です。一般によくやられているのは椎間板中央部ですが、当院は膨隆部そのものに照射をおこなっています。病巣は中央ではなく、後方部の神経周辺だからです。

さらに椎間板亀裂部から水を流出させ、神経との癒着を剥離します。硬膜外の疼痛物質も同時に洗浄されます。

腰椎椎間板ヘルニアは420,000円、2ヶ所目120,000円。頸椎椎間板ヘルニアは450,000円、2ヶ所目150,000円です。

レーザー減圧術PLDDとは


【レーザーファイバー先端拡大図】
先端は丸くなっておりレーザー光線が円形となります。


【円形のレーザー光線】
光の乱反射により先端では円形の光線が発せられ、髄核の蛋白質を熱凝固します。

 

軽度~中度ヘルニア膨隆の縮小化

<左図>
椎間板後方中央部の線維輪が破綻し、椎骨洞神経が刺激され、椎間板性の疼痛(discogenic pain)が生ずると腰痛・殿部痛となってきます。

<右図>
レーザー照射後、髄核突出部の縮小が1~3ケ月後に認められてきます。discogenic painが軽減し、腰痛が消失しました。

疼痛軽減のメカニズム

  • 膨隆髄核の凝固収縮による神経への圧迫力が減少します。(減圧術といわれる由縁)
  • 椎間板性疼痛の原因である線維輪椎骨洞神経を焼却し、疼痛を軽減します。
    thermal annuloplasty(熱性線維輪形成術)
  • また、疼痛物質を水で洗い流すことも炎症を抑制する効果があります。(硬膜外腔洗浄効果)

腰椎経椎間孔刺入法 transforaminalアプローチ

胸腰椎椎間板ヘルニアは、上はTh12/L1からL5/S1まで可能です。
(後側方刺入にて椎間孔より椎間板に針を刺入。transforaminal法)。
椎間板中央部に蒸散空洞化する方法では、椎間板の不安定性が発生する危険性がありますが、あいち腰痛オペクリニックでは椎間板後方部のみの凝縮術が可能です。

腰椎椎弓間刺入法 interlaminarアプローチ

L5/S1椎間板ヘルニアの場合には、後方の椎弓下から刺入することもあります。
ヘルニア突出部に直接針を刺入し、そこで熱凝固をします(interlaminar法)

L5/S1椎弓間刺入法(interlaminar法)は難易度が高いですが、経椎間孔刺入よりは有効度の高い方法です。S1神経根のshoulder部よりの刺入。的確に針先をヘルニア部に刺入するため、造影剤を使用することもあります。

このページのトップへ

頸椎前方刺入法 anteriorアプローチ

頸椎椎間板ヘルニアは、上はC3/C4から下はC7/T1(首の太短い方はC6/C7)までです。
レーザーの針は椎体後方の椎間板突出部にもっていかれ、直接ヘルニア部分を凝固収縮するようにします。熱量は患者さんが熱さや痛みを感じない程度です。
状況や反応を絶えずチェックしながら行ないますので、安全と言えます。

このページのトップへ

ヘルニアなどについてのお問い合わせ・診療予約

最小侵襲脊椎手術

メディア情報
当院がTV・雑誌・各種メディアで紹介された時の記録です
〒480-0102 愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字郷東41
Copyright(c) 2013 ITO ORTHO & INTERNAL CLINIC All Rights Reserved.