経皮的レーザー椎間板減圧凝縮術(PLDD)×伊藤式椎間板注入癒着剥離法は体への負担が少ない安全安心な手術法 -ヘルニアの治療・手術の専門機関-

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の治療・手術はあいち腰痛オペクリニック

ラジオ波凝縮術

中軽度の頚椎・腰椎椎間板ヘルニア

ラジオ波腰椎椎間板ヘルニア凝縮術Disc-Fx

中度の腰椎椎間板ヘルニアに有効なラジオ波凝縮術 Disc-Fx

大きな重度ヘルニアは経皮的内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術PELDが行われますが、中程度の腰痛を主体とするヘルニアにはラジオ波凝縮術Disc-Fxが選択されます。同時に小鉗子で膨隆部の髄核を少量摘出しますので、効果はより有効(88%程)となります。局所麻酔下に日帰りで行われるため、中程度ヘルニアには今後の主流となりましょう。腰椎椎間板ヘルニアでは600,000円の自費診療です。二カ所目は150,000円となり、同日に行えます。

ラジオ波凝縮術Disc-Fxの手術手順


2mmカニューレ
針を刺した後、このカニューレを椎間板後方に入れ、以後のすべての操作を行う


小鉗子で髄核摘出
カニューレ内に小鉗子をいれ、膨隆部直下の髄核を摘出する


小鉗子先端
髄核の一部を摘出する


ラジオ波で髄核を凝縮
ラジオ波は髄核を凝固収縮させます。先端が曲がるため、後方に膨隆した部分を収縮させるには有益です。一人一回で使い捨てのため高額となります


ラジオ波先端
先端が自由に曲がり、ヘルニア膨隆部の凝縮がなされる


膨隆髄核摘出後
小鉗子とラジオ波で摘出、凝縮した椎間板内を内視鏡で確認


小鉗子とラジオ波で中度ヘルニアを手術
小鉗子で機械的に少量の髄核を摘出し、さらにラジオ波で線維輪損傷部を凝縮します。中度ヘルニアには有効な日帰り手術です

 

 

このページのトップへ

ヘルニアなどについてのお問い合わせ・診療予約

最小侵襲脊椎手術

メディア情報
当院がTV・雑誌・各種メディアで紹介された時の記録です
〒480-0102 愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字郷東41
Copyright(c) 2013 ITO ORTHO & INTERNAL CLINIC All Rights Reserved.