経皮的レーザー椎間板減圧凝縮術(PLDD)×伊藤式椎間板注入癒着剥離法の受け方と費用 -ヘルニアの治療・手術の専門機関-

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の治療・手術はあいち腰痛オペクリニック

日帰り手術の受け方

腰痛・頚部痛・肩こり

中軽度椎間板ヘルニアに対する日帰り針手術の受け方

小~中程度のヘルニアはすべて局所麻酔下にて、日帰りの針によるヘルニア手術(needle disc day- surgery)をおこないます。大きさや程度、ヘルニアの部位(腰椎・頸椎)等により手術法が異なります。

日帰りヘルニア針手術の適応

  ラジオ波凝縮術
Disc-Fx
吸い出し減圧術
Decompressor
レーザー減圧術
PLDD
ヘルニアのサイズ 中程度 中~小程度 小さいヘルニア
初診時検査料 脊椎ドック(脊椎精密検査)55,000円 脊椎ドック(脊椎精密検査)55,000円 脊椎ドック(脊椎精密検査)55,000円
手術時間 30分 20分 15分
手術料金 腰椎のみ600,000円
追加150,000円
腰椎750,000円、
追加120,000円
頸椎750,000円、
追加150,000円
腰椎420,000円、
追加120,000円
頸椎450,000円、
追加150,000円
適応 リハビリ・ブロック注射等にて効果が不十分で、しかし切開手術まではちょっとと思いの方。

日帰り手術にならない場合

症状・状態 対処方法
ヘルニアが巨大で、座っていることも出来ない程の強痛の場合 経皮的内視鏡ヘルニア摘出術(腰椎PELD・頸椎PECD)をおすすめします
ヘルニアが上下へ移動しており、針の刺入が困難な場合
下肢・上肢への神経痛・坐骨神経痛が強い場合
脊柱管狭窄症の明確な場合 内視鏡下脊柱管拡大術MELをおすすめします
中程度以上の脊椎すべり症のある場合 針による日帰り手術の対象にはなりません
脊髄症状のある方 針による日帰り手術の対象にはなりません

日帰りヘルニア針手術法(needle disc day-surgery)の予約方法

電話予約

手術希望の方は電話で脊椎ドック(脊椎精密検査)の予約をとって頂きます。電話の際に『日帰りヘルニア針手術希望』とお伝えください。

伊藤整形・内科 あいち腰痛オペクリニック

TEL:0120-000-568, 0587-92-3388

8:30~17:00
※休診日は木曜、日祝日

初診と諸検査

初診日には脊椎ドック(脊椎精密検査)(5万5千円:MRI+CT+X-p)をいたします。
医師の診察の結果、日帰りヘルニア針手術が適応か否かを決定致します。
但し以下の方は1.5テスラMRI検査ができないことがあります。脳動脈瘤のクリップ、ペースメーカー、埋没疼痛除去電極、入れ墨等の方

日帰りヘルニア針手術を受ける際の注意点

初診日の留意点

  • 脊椎ドック(脊椎精密検査)の結果、手術の適応の方は手術日を予約して頂きます。
  • 場合によっては、午前中に初診を受け、当日午後に手術が可能な時もありえますので、その由をお尋ね下さい。
  • 午後に初診を受けた方は、翌日早朝に手術可能な場合もありますのでお尋ね下さい。
  • 首の手術をされる方で、バイアスピリン、ワーファリン、その他血液凝固を予防する薬剤を内服の方は手術前7日前から、パナルジンを内服の方は手術前14日前から服用は控え、手術後も3日間は控えて下さい。血液凝固予防薬休止の是非につき、処方をされた先生に紹介状をお渡ししますので、ご承諾を頂いた上で手術を予定いたします。
  • 手術日の午前または午後に来院、手術室にて特別な痛みもほぼなく30分程度で終了です。
    手術後は抗生物質入りの点滴を受けて頂くため、約30分ベッドで安静をして頂きます。
  • 手術代金は、手術当日の手術手続き時に一括前納または事前振り込みをお願いします。
  • 生命保険の診断書料は別途3千円が必要
  • 税金控除の対象となりますので領収書は大切に保管下さい

このページのトップへ

手術後1ヶ月以降の診察について

同一病名で保険診療(1~3割負担)と、自費診療(全額自己負担)を引き続いて利用することを「混合診療」と言い、これは医療法で禁止されています。したがって、保険外自費診療の場合はその前後において、保険診療は利用することはできません。

手術後1ヶ月間の自費診療期間終了後
あいち腰痛オペクリニックでの引き続きのヘルニアの保険診療を受けることができません。

もし症状が残存したり、万一再発の場合等手術後1ヶ月以降に引き続き診療を受けられる場合は、すべて自費診療となります。

ときに2度目の自費手術を追加することもありえますが、1回目の手術後半年以内ならば半額料金となります。ただし、2箇所以上の場合には手術代は半額となりません。

あいち腰痛オペクリニックですでにヘルニアで保険診療を受けた方は保険外自費診療での手術は受けることができません。

第1回の自費手術後、半年以降に再度手術を受けられる方は初診扱いとなり、半額とはなりません。

半年以内の同一椎間板の再手術は半額です。ただし、異なった新たな椎間板の自費手術は初診扱いの料金となります。
(別の箇所に問題がある場合は全額の所定金額となり、半額ではありません。)

このページのトップへ

ヘルニアなどについてのお問い合わせ・診療予約

最小侵襲脊椎手術

メディア情報
当院がTV・雑誌・各種メディアで紹介された時の記録です
〒480-0102 愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字郷東41
Copyright(c) 2013 ITO ORTHO & INTERNAL CLINIC All Rights Reserved.