小~中サイズの椎間板ヘルニアの場合、経皮的レーザー椎間板減圧術(PLDD)を適応 -ヘルニアの治療・手術の専門機関-

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の治療・手術はあいち腰痛オペクリニック

腰痛・頚部痛・肩こり(日帰り手術)

腰痛・頚部痛・肩こり

ヘルニアのサイズが小~中程度で、疼痛が中程度までのヘルニアには切開することなく、すべて局所麻酔下にて、日帰りで針を刺すことによる手術(needle disc day-surgery)を行います。

また、変形性脊椎症や椎間関節性腰痛の場合にも、ラジオ波を使った日帰り手術が可能です。

病巣部の大きさ・程度・部位(腰椎・頸椎)等によって、下記の中から最も適切な方法を選択します。

本項目の各ページでは、

  1. 軽度~中度ヘルニアに対する「経皮的レーザー椎間板減圧術 PLDD」 についてご紹介します。
  2. 中度ヘルニアに対する「ラジオ波腰椎椎間板ヘルニア凝縮術 Disc-Fx」についてご紹介します。
  3. ヘルニアの場合に限りませんが、椎間関節の変形等により生じた疼痛知覚神経に対する「ラジオ波過敏知覚枝熱焼灼術 Rhizotomy」についてご紹介します。

腰痛・頚部痛・肩こり(日帰り手術)

適応外疾患:巨大ヘルニア及び強痛ヘルニア、脊椎すべり症、中程度以上の脊柱管狭窄症、脊椎分離症、強度脊椎変形、骨粗鬆症、圧迫骨折等は日帰り手術の対象とはなりません。
大きな重度ヘルニアは経皮的内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術PELDが行われます。

1.経皮的レーザー椎間板減圧術 PLDD
軽度~中度の椎間板ヘルニアに対して、局所麻酔下にて、1mmの針を刺し、その中からレーザーファイバーを通して、ヘルニア膨隆部を熱凝固収縮させる方法です。15分程で終了の日帰り手術です。腰椎椎間板ヘルニアは420,000円、2ヶ所目120,000円。頸椎椎間板ヘルニアは450,000円、2ヶ所目150,000円です。
経皮的レーザー椎間板減圧術PLDD
2.ラジオ波腰椎椎間板ヘルニア凝縮術 Disc-Fx
中度の腰椎椎間板ヘルニアには小鉗子(ピンセット)でヘルニアを取り出し、さらにラジオ波で線維輪破損部を凝縮する30分程の日帰り手術です。PELD法の簡易バージョン的な方法です。腰椎のみに行われます。600,000円の自費診療です。2カ所目は150,000円です。
ラジオ波腰椎椎間板ヘルニア凝縮術Disc-Fx
3.ラジオ波過敏知覚枝熱焼灼術 Rhizotomy
変形した椎間関節にラジオ波を照射し、増殖した過敏神経を焼灼します。腰痛が軽減することが多いです。局所麻酔下に日帰りで行います。
ラジオ波過敏知覚枝熱焼灼術 Rhizotomy
ヘルニア日帰り針手術の受け方
上記3種類の中から適切な手術法を選択します。すべて日帰りで、局所麻酔下に針のみで行います。軽~中度のヘルニアに有効で、保険外自費診療です。脊椎ドック(脊椎精密検査)終了後、数日以内に外来手術室で行います。すでにヘルニアで保険診療をしている方は混合診療となるため、これらの手術を受けることが出来ません。
ヘルニア日帰り針手術の受け方

このページのトップへ

ヘルニアなどについてのお問い合わせ・診療予約

最小侵襲脊椎手術

メディア情報
当院がTV・雑誌・各種メディアで紹介された時の記録です
〒480-0102 愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字郷東41
Copyright(c) 2013 ITO ORTHO & INTERNAL CLINIC All Rights Reserved.