手術・治療のご案内

  1. トップ
  2. 手術・治療のご案内
  3. 脊椎圧迫骨折とは
  4. 手術について:BKP

BKP | 脊椎圧迫骨折の手術

・中・BKP:椎体形成術

脊椎圧迫骨折に対する保険診療が可能な椎体形成術です。1ヶ所のみに限定されます。

アクリル樹脂を主体とした方法であり、2ヶ所より針を刺して行われます。硬度がやや高いので隣接の圧迫骨折を起こす率が少しありますが、疼痛の緩和にはとても有益です。

約1週間の入院が必要です。

手術概要

風船のついた器具を椎体内に入れ、その風船を徐々に膨らませることによりつぶれた骨を持ち上げて、できるだけ骨折前の形に戻します。風船を抜くと、椎体内に空間ができます。その空間を満たすように、骨セメントを充填します。

BKPをご希望の方

入院案内をご確認いただき、以下までお問い合わせください。

入院案内ページはこちら

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP

PAGE TOP