手術・治療のご案内

  1. トップ
  2. 手術・治療のご案内
  3. 脊椎圧迫骨折とは

脊椎圧迫骨折とは

脊椎圧迫骨折とは

「寝返りを打つ時に背中が痛い」「背中が曲がってくる」こんな症状が出たら、脊椎圧迫骨折を疑ってみましょう。

脊椎圧迫骨折は、高齢者を悩ます危険な病気。寝たきりの原因にもなり得ます。骨の仕組みや、高齢者ならではの骨のリスクについて正しく理解し、大切な自分の体を守りましょう。

私たちの体は、脊椎(背骨)によって支えられています。立つときや歩くときも、脊椎の支えがなければその動作や状態を維持できません。

しかし骨がもろくなると、体の重みに耐えられず、何かの弾みで脊椎が押しつぶされるように骨折してしまいます。これが脊椎圧迫骨折です。

脊椎圧迫骨折の原因と症状

脊椎圧迫骨折の原因

脊椎圧迫骨折の主な原因は、骨粗しょう症です。

骨粗しょう症は高齢者に多く見られる病気で、骨密度が低くなって骨折を起こしやすくなります。骨がもろくなると、ちょっとした転倒でも背中への衝撃に耐えられず、脊椎がつぶれてしまう原因にもなるのです。

脊椎圧迫骨折の症状

脊椎圧迫骨折の主な症状は、寝返りを打ったときや、起き上がったときに感じる背中の激しい痛み。背中のほか、腰の部分に痛みが及ぶこともあります。

一方で、骨折をしても痛みを感じない患者さんもいます。痛みを感じずそのまま放置すると、さらに脊椎の他の部分も破損する可能性が高くなり、早めの診断と処置が必要といえます。

脊椎圧迫骨折の治療

脊椎圧迫骨折には主に「保存的療法」と「外科的療法」があります。それぞれ説明していきましょう。

保存的療法

外科的治療法にも2種類あり、背中を切開して患部の骨を固定する固定術と、骨折した部分に骨セメントなどを充てんし、痛みを軽減すると同時に安定化を図る椎体形成術があります。

椎体形成術は固定術と比べて短時間の手術で済み、傷口も小さいなどメリットがあります。その反面、充てん物を患部以外の場所に漏らすリスクもあり、必ずしも万全とはいえません。また、骨セメントが堅すぎることと固まる際に生じる高熱の影響で、骨セメントを充てんした椎体の隣の椎体を壊してしまう原因となることが多いです。

その従来型の椎体形成術をより安全なものに進化させたのが、当院の行う椎体増幅形成術です。

細い針を一本刺すだけの短時間の手術であり、高い安全性と治療効果が期待されます。使用する骨セメントは骨に近い成分で、堅すぎず、骨になじみやすく、固まる際の熱も低く、他の椎体への影響を最小限に抑えました。また、椎体内にメッシュ袋を挿入し、そこに骨セメントを充てんすることにより、骨セメントの漏れを防止します。

外科的治療法

脊椎圧迫骨折の主な症状は、寝返りを打ったときや、起き上がったときに感じる背中の激しい痛み。背中のほか、腰の部分に痛みが及ぶこともあります。

一方で、骨折をしても痛みを感じない患者さんもいます。痛みを感じずそのまま放置すると、さらに脊椎の他の部分も破損する可能性が高くなり、早めの診断と処置が必要といえます。

効果的な予防法

脊椎圧迫骨折の予防は、まずその原因となる骨粗しょう症になることを防ぐこと。

そのためには、骨を丈夫にするための食生活を心がけてください。

骨の材料であるカルシウムや骨の代謝を支えるビタミンD、骨の形成に重要なビタミンKなどを積極的に食事の中から取り入れるようにしましょう。それと同時に、ウォーキングやジョギングなど、適度な運動も行うようにしてください。

お気軽にお問い合わせください

PAGE TOP

PAGE TOP