神経内科学、整形外科学、リハビリテーション学、ペインクリニック、東洋医学等を治療に取り入れた腰痛・ヘルニアの専門医療機関

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の治療・手術はあいち腰痛オペクリニック

脊椎ドック(脊椎精密検査)について

あいち腰痛オペクリニックについて

脊椎とは、世間一般に「背骨」と言われている骨のことです。脊椎は人間の体を支え、歩行時の衝撃吸収や、神経の中軸である脊髄を保護する働きをしています。

脊椎ドック(脊椎精密検査)とは、「脊椎疾患の予防と早期発見」、並びに、「お困りの症状の原因解明と適切な治療法の選択」を目的とした検査です。
MRI・CT・動態写真等の精密画像診断法と脊椎専門医による神経学的診断法の両方を使って、脊椎の異常や状態を詳しく診断します。
同時に大動脈瘤の有無、内臓由来(実質癌)の腰痛等もチェックします。
腰痛、手足のしびれや痛み、歩くと足がだるくなる・痛くなる、背中が痛む、首や肩が痛む、重度の肩こり、などの症状がある方にもお薦めの検査です。

尚、本検査法は、大学病院の教授等で構成される「日本脊椎脊髄ドック協会」(http://www.spine-dock.jp/)が作成したガイドラインに沿った検査法です。

名古屋駅そばの「大名古屋ビルセントラルクリニック」でも脊椎ドック(脊椎精密検査)が受けられます。

パンフレットをダウンロードできます

脊椎ドック(脊椎精密検査)のご案内(頸椎・胸椎・腰椎コース各55,000円)

対象者について

  • 大黒柱たる脊椎・脊髄の健康状態を詳細に知っておきたい方。
  • せぼねの疾患があるが、治療法の選択を迷っている方。
  • 手術をすすめられているが、セカンドオピニオンを求めたい方。
  • 最小侵襲での脊椎手術を受けられたい方。
  • 頸椎・胸椎・腰椎は各個別のドックとなります。

検査と費用について

脊椎ドック(脊椎精密検査)は3コースからなっています。希望のコースをお選び下さい。下のMRI、CT、レントゲン機能撮影で90%程度の脊椎・脊髄の状態と症状の原因が判明します。検査はおよそ半日で終了します。

  • 頸椎ドック 頸椎MRI・頸椎CT・頸椎レントゲン
  • 胸椎ドック 胸椎MRI・胸椎CT・胸椎レントゲン
  • 腰椎ドック 腰椎MRI・腰椎CT・腰椎レントゲン
項目 検査内容
MRI(1.5テスラ) 椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症等の椎間板・神経の状態を把握するのに必須検査です。
CT(64マルチ) 脊椎の骨・関節の状態を断面図や立体図(3D)として把握。骨棘、分離症の有無、椎間板石灰化を詳細にチェックします。大動脈瘤の有無、内臓由来(実質癌)の腰痛等もチェックします。
レントゲン機能撮影 脊椎不安定性(がたついた動き)、ゆがみ、骨の質等を把握。


MRI


CT


レントゲン

オプションドック(各30,000円)

症状に応じてはより精密に手術部位や手術法の決定に下記のようなオプションドック検査を追加する事も時にありえます。

項目 検査内容
神経根造影 数本の神経根の内どれが病変かを決定するのに重要な検査です。神経根周囲に造影剤注入をした後CT撮影をします。
椎間板造影 外側ヘルニアという特殊ヘルニア等においては重要な検査です。椎間板に造影剤注入をした後CT撮影をします。


神経根造影


椎間板造影

脊椎ドック(脊椎精密検査)の予約方法

電話予約

脊椎ドック(脊椎精密検査)希望の方は、電話でご予約を取って頂きます。
電話の際に『脊椎ドック(脊椎精密検査)希望』とお伝えください。

伊藤整形・内科 あいち腰痛オペクリニック

TEL:0120-000-568, 0587-92-3388

8:30~17:00
※休診日は木曜、日祝日

健診当日の流れ

・受付

予約時にお伝えした来院時間までにお越しください。
来院後、受付窓口にて脊椎ドック(脊椎精密検査)受診の旨をお伝えください。
受付後、問診票・申込書等の受診に必要な書類をご記入頂きます。
(書類は、以下よりダウンロードすることが可能です。)

申込書 PDF形式66KB問診票 PDF形式807KBMRI問診票 PDF形式232KB

・検査
1.5テスラMRI検査 椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症等の椎間板・神経の状態をチェックします。

64マルチCTで脊椎の立体画像を撮影 脊椎を立体画像として撮影。骨棘・椎間板石灰化・椎間関節肥大化・狭窄症の有無等を3D画像でチェック。

レントゲン機能撮影 脊椎レントゲンの屈曲・伸展の動態撮影は脊椎不安定性をチェックします。


・結果説明

脊椎ドック(脊椎精密検査)を受けられた結果、場合によってはさらなるオプションドックが必要なこともあり得ますので、時間に余裕をもってことを進めて参ります。

午後から脊椎ドック(脊椎精密検査)を受けられた方は、翌日の午前中に診察があり総合結果をお話します(ドック当日は近隣のホテルに割り引き料金で泊まって頂きます)。ホテルの割引料金表[64KB]

午前中に脊椎ドック(脊椎精密検査)を受けられた方は、当日の午後に診察があり総合結果をお話します。
結果報告書は、後日郵送させていただきます。

その後の流れ

疾患が発見され、最小侵襲脊椎手術が必要な方は、当クリニック(年間ヘルニア手術件数全国最多施設)で1~2泊の手術を行ないます。

術前全身検査(25,000円)

当クリニックでの手術が決定された場合には手術前の全身検査をして頂きます。内科医の全身チェックも同時に行ないます。 血液検査(生化学検査・血液型・感染症検査)・心電図・胸部写真。別途、心臓超音波検査(10,000円)などの検査が必要な場合もあります。

このページのトップへ

ヘルニアなどについてのお問い合わせ・診療予約

最小侵襲脊椎手術

メディア情報
当院がTV・雑誌・各種メディアで紹介された時の記録です
〒480-0102 愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字郷東41
Copyright(c) 2013 ITO ORTHO & INTERNAL CLINIC All Rights Reserved.